プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ボサツの生き方

ボサツの生き方

この世界に生きる多くの人はバラバラ観を存在の真実と思い、そのため、「自分こそ、自分の家族こそもっとも大事なのだ」と思って生きています。そして、結果的には、自らを苦しめ、他を苦しめながら生きています。

ところが、その愚かしさに気付いた少数の人々は、「自分とは何か?この世界とは何か?どう生きるのが本当なのか?」と、存在の真実、そして、真実の生き方を求めはじめます。

そして、いろんな本を読んでみたり、講演会やセミナーや瞑想の会などに参加したり、あるいは、宗教にその答えを求める人もいます。中には、出家する人も少数ですがいます。

そこで、はっきりした真実を発見できた人は本当に幸いです。

でも、それでも、通常は、なかなかその答えがはっきりしてこないのです。そうこうしながら、月日がどんどん過ぎて、まあ大した答えにたどり着くこともなく一生が尽きてしまいます。

でも、「すべては不可分一体である」という存在の真実を分かることは、深い浅いはありますが、決して難しいことではありません。

ポイントはバラバラ観をちょっと横に置いて、この自分と世界をじっと見てみることです。そうすれば、この世界のすべてが不可分一体であることはすぐにわかります。

問題は存在の真実に気付いた後、その分かり方をどのように深めていくか?ということと、その真実を実際にどう生きるかということです。

せっかく存在の真実や真実の生き方を求めようと決意した人でも、まず、存在の真実を徹底的に極めてから、はじめて、どう生きたらよいのかを考えようという人が意外に多いようです。

それではだめなのです。

大切なことは、深くても浅くても、不可分一体こそ存在の真実であると気がついたら、「みんなの幸せのために生きるのだ」と、その目標をピタッと定めて全力で生きていくことです。

この目標を狙いながら正しい方向性をもって生きることこそもっとも大切な生きる姿勢なのです。そうすれば、存在の真実に対する理解・体得も深まっていきます。

そのような人が増えれば、みんなが幸福で平和な世界は急速に実現に向かうでしょう。


「わたしは自ら次のように念じる。
わたしは世の中の他の人と同じように、いつも生から死への浮世の流れに流されて生きていてはいけない。
わたしはそのような浮世の生死の流れに逆らって、生死の源である存在の真実を極め尽くさなければならない。
普通の人はみんな他の人から害を受ければ憤り、利益を受ければ喜び、怖ろしいところを畏れるけれども、ボサツとなった私は彼れらと同じであってはならない。
わたしは未だ煩悩を完全に断じていないけれども、自ら煩悩を抑制して耐え忍べるように努め、誰かに悩まされても害されても瞋らず、尊敬されたり頂き物をしてもいい気にならないようにしなければならない。
そして、多くの苦痛や心配や困難を恐れずに、人々のために大悲心を興さなくてはならない。
わたしはボサツとなった。私は衆生の為に生きるのだ。」(大智度論巻14:昇平訳)


あなたもボサツになりませんか?

そして、日本を国家エゴイズムを超えた大乗ボサツ国家にしていきませんか?





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 教えない教育 | ホーム | 自分はすでに完結している >>


コメント

日本を大乗ボサツ国家に

隙間のない世界としての私を生きると言うことは。
ときに誰かに殴られようと、光を放ち続けることです。
大いなる自己を生き続けることです。
子どもたちの未来や、今、戦争に苦しんでいる人たち、汚染続けられる環境、それを、いますぐ変えたい。
そのために、全身全霊で今を生きます。

「自分」という存在の真実を自覚(まだまだ浅いかもしれませんが)できたことが、これから生きていく上でどれほど大きなものであった計りしれません。自分の生き方を通じ、一人でも多くの人に不可分一体の世界のすばらしさ、あたりまえの世界のすばらしさを伝え、知ってもらい、理解してもらうことが、私の大乗ボサツ国家への道です。

ボサツ。人生の遠い存在、遠すぎて全く意識するに値しない存在であると、思い込んでいました。ボサツの道が高嶺の花であり、そこを目指して生きるだなんて口にすることが恥ずかしいと思っていました。今はボサツになれたら幸せだと、単純にそう思います。そして、すでにその道にいることを自覚しています。
みなさんで深めていきましょう!まず身近なあの人に、自覚のセミナーを!

徹底的に極めていなければ、人にも伝えられないんじゃないか、つたわらないんじゃないかと、勘違いしていた時期がありました。事実はそうではなく、浅かろうが深かろうがそこは問題ではない。自然に、伝えたい人に出会っていくんだと実感しています。
思いに流されそうなとき、流されていると感じたりする時に瞑想はとても有効であり、実践を積み重ね深めていくことはとても大事ですね!

日々の生活の中で「普通の人」になってやしないか、と思いながらブログを開いて、全部読みながら、ハッとしました。。「目標をピタッと定めて全力で生きていくこと」その姿勢こそ大事なのだと、みんなのために生き、日本を国家エゴイズムを超えた国家にしたいです。

深くても浅くても‼︎
「まだまだ浅いから自分はダメだ」と、どこかで思いながら深めようとしても、方向が違いますね。目標に向かって生きていけば、正しい方向に進む。
どうやら、今まで何か難しく考えていたようです。

自分がみんなのために生きることと
自覚や整体のセミナーの参加者を増やすこと。
これをこれからの生き方にしたいと思います。

私もボサツになりました。私はみんなのために生きます。元々自分がボサツであった事を長い間忘れていました。
大乗ボサツ国家、とてもいいです。

「みんなの幸せのために生きるのだ と、その目標をピタッと定めて全力で生きていくこと」そのことが、ピタッと胸に響きます。

たとえ浅くても存在の真実に気付き、類まれなるセミナーで学べている自分が、浮世の流れに流され下らない事に腹を立てたりしては絶対にダメなんだ。どんな時も嬉々として、全体が良いように、真実だけを見据えて生きて行こう!と強く思いました。
本当に、ここは可能性しかない世界だったんだと日々実感します。

自覚のセミナーを受ける前、「死」について、脳を含め全ての体の機能が停止したことにより、自分という肉体の存在はなくなるが、自分という「意識」はどうなるかを考えたことがあります。自分という肉体、自分という意識は別々のものなのか、何が自分なのか、何が意識なのか、頭でそう考えているということは、自分とは頭(大脳)なのか。数兆ある脳細胞のうちのどの細胞が自分なのか。「自分」がなにであるか、「目」を通して大脳が存在を認識できない限りその回答は得られないと思っていました。
しかし、一方、自分という「意識」は生まれたときからあったような気がするし、どんなに歳をとっても、死んでからもあるような気がしていました。
自覚のセミナー後、繰り返し話される昇平先生の話を聴き、ブログを精読する中で、「自分」という意識は「いのち」そのものであり、肉体(個)として自分は「いのち」が二元相対の世界に表現した個別の存在であることがはっきりと解ってきました。
個としての肉体は「死」によって存在しなくなるが、「自分」という「意識」は、いのち・宇宙そのものであり無限のものであること。だから「死」はなく、「生」もないことがはっきりわかります。犬や猫、草や木、この地球上に創り出されたすべてのものが、生きても死んでも、生きても枯れても「いのち」そのものはなくなることはない、と思えるようになりました。
そう心の底から思えるようになると、頭が創り出した妄想に悩むことも、苦しむこともない、ただ安心の世界しかありません。そして、すべてのものが一つの「いのち」であることを。
ボサツの世界はあたりまえの世界、多くの人が頭に邪魔され、この当たり前の世界に「自分」が存在していることを知らないだけなのだと思います。
日本を大乗ボサツ国家にしていくことは、人類が進化していくために乗り越えていく「いのち」が与えてくれた試練だと思います。


国家エゴイズムを超えることは、まさに大乗ボサツ国家の道ですね。
以前は「みんなの幸せのために生きる」に「ねばならない」と、きばった想いがあったと思います。昇平先生のお話を繰り返し聴いてきたことで変わっていきました。そうしたい、そう生きたいのです。
11行目の「大切なことは、深くても浅くても…」は、これだけの言葉で一生分のお話だと思えます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム