プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

本当の幸福とは何か その2 

本当の幸福とは何か その2 
(その1からのつづき)

この世界では、多くの人々があちこち動き回り、せかせか働き、儲かった、損した、いい会社に就職できた、できなかった、子どもがよい学校に受かった、落ちたなどと喜んだり、悲しんだりしていますが、一体何のためでしょうか?

昨日まで仲よくやっていた兄弟どうしが、親が亡くなった途端、財産の相続をめぐり互いに100年越しの仇(かたき)であるかのように、いがみ合ったりしている様子は滑稽を通り越して、あさましくも寂しくもあります。

また、隣に貧乏や病気など、いろいろな事情で苦しく寂しい日々を過ごしている人々がいるのに、気にもせずに、あるいは、気がつかないふりをして、自分の家だけの豊かさや自分の家族だけの健康に満足して、自分(たち)は幸福だなどと喜んでいたりする人も意外と多いようです。

しかしながら、そのような幸福?がいつまで続くのかと考えると、途端に不安になってくるのではないでしょうか?

こんなことが本当の幸せであるはずがありません。

今こそ私たちは、日々何のためにあくせく働き、いたずらに苦しんでいるかということに痛烈な反省と省察を加えなければならないのです。

そして、憎み合いや奪い合いのない世界、みんなが幸せで永遠に平和な世界を実現するために立ち上がるべきなのです。

そのためには、それを妨げている原因を突き止め、それを取り除かなければなりません。

その原因は、「一番大切なのは自分であり、自分の家族だ。結局は、自分さえ、自分の家族さえよかったらよいのだ」というエゴイズム(利己主義)です。

では、エゴイズムが出てくる根本の原因は何なのでしょうか?

それはバラバラ観を存在の真実だと錯覚し思い込んでいることです。

ですから、私たちがバラバラ観の誤りに気がつくことさえできれば、みんなが幸せで恒久の平和を実現することができるのです。

従来、この不可分一体の存在の真実を本当に自覚すること(いわゆる、悟り)はとても難しいと言われてきました。

でも、本当は決して難しいことではありません。なぜなら、それが真実だからです。

これまで、難しいと言われてきたのは、バラバラ観こそが存在の真実であるという思い込みを持ちながら、存在の真実を見極めようとしていたからなのです。

要は、バラバラ観こそが存在の真実であるという思い込みを“ひょいと横に置いて”この世界を見てみれば、不可分一体の存在の真実に誰にでも容易に気がつくことができるのです。

このようにして、いったん不可分一体の真実に気がつけば、道端で転んだ見知らぬ幼子を思わず駆け寄り抱き起してやるのと同じように、また、肉親の誰かが病気や寒さに震えているのを嘆くのと同様に、何とか隣人はもちろん、世界中の人が不幸から免れるようにしたいという気持ちが自然に心の底から湧き上がってきます。

その上で、一人も不幸な人がいない恒久の平和世界を一刻も早く実現するために、みんなで方策を立てて実行に移すのです。

ただ今、この瞬間に、このように決定して生きていくことこそ真実の生き方、すなわち、本当の幸福であり、真の生き甲斐ではないでしょうか。

(おわり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< ボサツとして生きる | ホーム | 本当の幸福とは何か  その1 >>


コメント

シンプルな事実

心からそう思います。というかブログを読む前から私の心に、先生が書いて下さったようなことを、シンプルに表現したいという欲求がありました。ありがたいです。新しい年が楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム