プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

あなたは幸福ですか?

あなたは幸福ですか?

もし、今だれかに「あなたは幸せですか?」と質問されたら、あなたはどう答えますか? 

あなたは“幸福“とはどういうことだと思っていますか? 

ほとんどの人は幸福とは、たとえば地位、名声、金、家庭、恋人、悟りなど、自分が望む条件が満たされることだと思っています。何かを得て満足感を得ることを幸福だと思っているのです。しかし、それは単なる一時的な気分、幸福感にすぎません。

では、なぜ人は何かを得れば幸福になれると思うのでしょうか?

人は今の自分には何かが足りないと思い込んでいるからです。そして、その足りないものを何かで満たさなければ幸福になれないと思い、未来に向かいます。

だから、心はいつも今にいないので、落ち着きません。ふだんは何かで気を紛らわせて気がつかないこともありますが、それこそ、ふとそんな自分を見たときに、それはまさに孤独感と空虚感そのものであることに気付きます。

そのために、よけいに自分が望むものを得たら幸福になるであろうと思います。でも、何を得ても、自分は欠けている存在だと思い込んでいるので、その欠けていると思うものは満たされることはありません。

そこで、また、欠けているものを満たさなければと思って、どこまでも、もっと、もっとと求めます。

そうではなくて、今の自分は欠けているという感覚は、ラベルを自分だと思い込んでいるところから生じていること、ラベルは自分そのものではないことに気付きさえすれば、一瞬にして消えてしまうのです。

この世界は一大生命である“いのち”が現象や存在として顕現したものです。ですから、人間が二元相対的思考で作りあげた所有、優劣、差別などの間違った観念や規定とそれに基づく行為を除いて、この世界のすべては、それ自身で何一つ欠けるところがなく完結して存在しています。

つまり、私たち一人ひとりは“いのち”が現れたもので、人間が勝手にアタマで作り出したいろいろなモノサシによる規定(ラベル)以前に、あるがままで、そのまま、何一つ欠けるところがなく完結して存在しています。

つまり、個としての自分はどのような条件にも関係なく、どのような人間がアタマで作ったどのような規定とも関係なく、それ以前に、すでに、元々、幸福そのものです。

それはどのように状況が変わっても、どのようなラベルを付けたとしても、絶対に変わるものではありません。

ラベルについて言えば、どんなラベルであっても、ラベルにすぎず、実物ではないからです。また、実物は条件によって変わる物でもないからです。

ですから、何があっても、あるがままの自分で変わることがない実物の自分は、個としては、既に幸福なのです。

けれども、この世界には人間のアタマで作り出した妄想・観念に基づいた考え方や行為によって、不幸な人が犇めいています。

ですから、不可分一体の自己の真の幸福は、この世界から不幸な人が一人もいなくなったときにはじめて達成されます。

そのために全力で生きていくことこそが自己の真の生き方であると言えるでしょう。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 大いなる 「今、ここ」 | ホーム | ボサツとして生きる >>


コメント

初めて自覚のセミナーに参加して、この世界から不幸な人が一人もいない世界が本当の幸せとわかった時、それをやっていくんだ!とても熱く燃え上がっていました。
その感覚が甦りました。
存在の真実に気付いた今、それを全力でやると決めました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム