プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

“いのち”は間違わない

“いのち”は間違わない

この世界には、さまざまなものや生命が存在し生滅・変化していると思われていますが、それはそっくりそのまま不生不滅・不変、ただ一つの大生命である“いのち”の現われです。

ですから、本来、あらゆるものは別々であるように見えながら、一つなのです。

この世界の生物・無生物を問わず、あらゆる存在、あらゆる現象、あらゆる行為はすべて“いのち”の現れです。

朝、日は東から出て、夜、月は西に沈む。犬がワンと鳴き、ネコがニャンと鳴く……。それがそのまま“いのち”の現れです。

私たちが呼吸するのも、食べるのも、眠るのも、考えるのも、話すのも、笑うのも、泣くのも、悩むのも、悟るのも、生きるのも、死ぬのも、あらゆる行為や身体的、心理的現象のすべてが“いのち”の現れです。

このように“いのち”は絶対であり、すべてなのです。(それを仏教では仏性、空、心などと呼んでいるようです。)

ですから、“いのち”が現れたこの世界には一切間違いがないのです。この世界はすべてよしです。

絶対である“いのち”が私たち人間を生み出し、その人間のアタマの働きによって生み出されたバラバラ観も、それに起因するいろいろなトラブルや争いや環境破壊なども間違いではありません。

えっ!?とお思いでしょうが、以下、平面的ではなく立体的によく考えてください。

たしかに、大宇宙や大自然の調和した姿や動きを含めて、この世界の存在の真実は不可分一体であることは明らかです。それこそ間違いはありません。

それにもかかわらず、バラバラ観、その他の存在の真実に合致しない考え方や行いや、現象などを絶対である“いのち”が生み出したことも事実なのです。

僕は、これは“いのち”の大きな計らいによるものだと考えています。

この地球上では、“いのち”は本能的に不可分一体の真実に沿って生きる存在として、人間以外の動物を生み出しました。ですから、そこにはもちろん間違いはありません。

ところが、“いのち”はあえてアタマを持った人間という“不可分一体の真実から逸脱してしまう可能性がある”存在を生み出したのです。

「不可分一体の真実から逸脱する」というのは、仏教では「迷い」と呼びます。

でも、なぜ、何のために?

迷いは苦しみです。苦しみは誰でも嫌なものです。ですから、迷った人間は必然的に苦しみから逃れようとします。

でも、一時的に苦しみから逃れることができたと思っても、ふたたび、迷って苦しみます。

そういうことを繰り返しているうちに、苦しみの根本原因を探し出し、それを取り除くしか苦しみから根本的に開放されることはないということに気付き、存在の真実とは何か?ということを求めるようになります。

その結果、存在の真実を自覚する、すなわち、悟りを得ることができるのです。

そして、迷っては悟るというプロセスが繰り返されることによって、存在の真実の自覚が深まっていきます。

このように、この世界で起きているすべては、“いのち”が私たち一人一人が存在の真実を自覚した存在、ネオ・ホモ・サピエンスになるために必然的に引き起こしている現象です。

だから、「すべてよし」です。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 願望と選択  その1 | ホーム | ペイ・フォワード・ピース >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム