プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

願望と選択  その1

願望と選択  その1

不可分一体観で生きる人とバラバラ観で生きる人の選択の違いは何でしょうか?

例のタバコ図に習って、人生図の左側は、「存在の真実は不可分一体である。だから、不可分一体の真実に即して、我、人と共に生きん!」という世界(生き方)です。

それに対して、人生図の右側は、「存在の真実はすべての存在はバラバラである。だから、バラバラ観に即して、自分(たち)ファーストで生きる」という世界(生き方)です。

すなわち、バラバラの世界で、何が何でも、自分(たち)と自分(たち)の家族や組織や国が生き残ろうというのが右側の生き方です。

そして、この右側の世界(生き方)には3つの道があります。

右の道は、積極的に他を圧倒していこうという”積極的自分(たち)ファースト“の道です。

左の道は、目立たないようにしながら自分(たち)を守っていこうという”消極的自分(たち)ファースト“の道です。

中間の道は、攻守バランスを取りながら、自分(たち)を守っていこうという“中間的自分(たち)ファースト”の道です。

ここでタバコ図を使って、例題を解く感じで、生き方の選択ということについて考えてみましょう。(以下、昨年の11月18日にアップした「自己の世界10」を参考に読んでいただければと思います。)
あなたはタバコをやめたいという願望を持ったスモーカーだとします。いま、あなたは1本吸い終わって、このブログを読んでいるとします。

さて、いま、あなたはタバコ図のどこにいますか? あなたはどこに立って世界を眺めていますか?

あなたはガマンできずに喫煙の道を歩いているのでしょうか?

あなたはガマンの禁煙の道を歩いているのでしょうか?

あなたは少しガマンしながら節煙の道を歩いているのでしょうか?

いいえ!!!

いま、あなたは1本のタバコを吸い終わったところですから、上の3つの道のどこにもいません。

いま、あなたはの前には2つの道が伸びています。あなたはその分岐点に立っているのです。

左側の道は、「タバコにはプラスの価値は一つもなく、マイナスの価値しかない、という真実に立脚して、タバコは吸う必要もなく吸いたいとも思わない、だから、タバコなしで生きていく。タバコは吸わない」という世界に繋がっています。

それに対して、右側の道は、「タバコには健康やその他の面でデメリットはあるが、タバコにはタバコでなければ得られないプラスの価値がある、という妄想に立脚して、タバコを吸う必要があり、タバコを吸いたい。だから、タバコと共に生きる」という世界に繋がっています。(そして、この右側の道はその先で、喫煙と禁煙と節煙という3つの道に分かれています。)

あなたは、いま、この左側の道と右側の道の分岐点に立って、どちらの道でも自由に選択することができます。もともと、あなたは完全に自由なのです。

でも、中間の道はありません。また、両方選択するということもできません。どちらも選択しないということもできません。

この選択の機会はあなたがタバコを1本吸い終わるごとに訪れています。

(続く)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 願望と選択  その2 | ホーム | “いのち”は間違わない >>


コメント

どこに立っているのか

自分は右の世界いる、それは間違いだから左の世界で生きよう、と決断しても、ものすごく大変な感じがして飛び込めない、と思ってしまう理由が分かりました。
自分が右の世界にいる、というところが違っていたのですね!
過去にどれだけ右の世界の価値観で生きていたとしても、本当は、常に、まっさらな自由な世界に立っていた。
左の世界、左の生き方を知って、右の世界はトンデモナカッタと分かったら、左の世界で生きていこう、と決断するだけ。
難しくもなく、大変なことでもなかった!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム