プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

みんなで国に理想を掲げよう  その2

みんなで国に理想を掲げよう  その2

「国際環境平和国家」を国の理想に 
                 
地球環境を保全し、途上国の諸問題を解決するには、国家エゴイズムを放棄して、国際的な環境保全と平和と福祉の活動を国内の政策と同じように、国家の基本方針とすることが必要です。つまり、国家の最重要政策として、自国を含めた世界の環境保全と平和・福祉増進に貢献するということです。

一言で言えば、「国際環境平和国家」に生まれ変わるのです。国際社会において、「脱国家エゴイズム」というまったく新たな原理に基づく国の出現によって、現在の国家間の緊張は大きく緩み、深刻な諸問題の解決に向けて、国家間の協調体制が確実に進んでいくでしょう。

しかしながら、ある国が国際環境平和国家として、その活動を全面的に始めるまでには、国内のあらゆる体制や仕組み、産業のあり方などの大変革が必要です。このような大変革が直ちに実現するとは考えられません。それまでには、ある程度の時間がかかるのは当然のことです。とは言っても、そのような国家が現実に誕生して初めて、国家間の対立が緩和し始めるというのではありません。

ある国で、「国際環境平和を国家の理想として掲げよう」という活動が活発になることによって、世界中の心ある人々の間で、この動きに共鳴する動きが生じ、それが国家間の緊張関係を緩め始めると思われます。

この活動がますます広がり、ついには、その国が国際環境平和国家を国是とすることを宣言すれば、世界の緊張関係は大幅に緩和されるでしょう。そうなれば、各国が利害の対立を捨て、問題の解決に協力し合うという光景が世界のあちこちで見られ、それから段々に国際環境平和国家の考え方が実施されるようになるでしょう。世界中の人々は、未来の新しい世界に大きな夢を描き始めます。そして、世界の国々の中から、その国に続いて、脱エゴイズム国家に生まれ変わろうとする動きが起こっていくでしょう。

日本が最初に国家エゴイズムを放棄する

では、どこの国が有史以来続いてきた国家エゴイズムを自ら放棄し、人類史上初めての国際環境平和国家に生まれ変わることができるのでしょうか。理論的にはどの国でもできるはずです。しかし、この考え方のポイントは「他に要求するのではなく、まず自ら一方的に国家エゴイズムを放棄する」ということにあります。それを始めるのは、やはり、この考えが生まれた日本です。日本がやらなければ、この考え方は成り立たず、また、現実的に有効な力とはなりません。

もう一つ理由があります。それは、日本が世界で唯一の被爆国だということです。原爆の悲惨さを骨身に沁みて知った日本人は、核の怖さを世界に訴えながら、今日まで非核三原則を維持してきました。核戦争を回避することはもちろん、地球規模の環境問題など人類社会の行き詰まりの解決のために、日本が率先して国際環境平和国家に生まれ変わることは、日本人に与えられた人類史的な使命だと思います。

さらに、もう一つ理由があります。日本は他の国々に比べて、圧倒的に有利な条件を持っています。それは日本には、「戦争放棄、軍備撤廃」というだけでなく「平和的な手段で国際貢献することによって国の存立を図る」という人類史上唯一の脱国家エゴイズムをうたう平和憲法があるからです。日本に「国際的な環境と平和の達成」を国是として掲げようという考えは、平和憲法の精神と同じものであり、それをより能動的に解釈し、具現化したものと言うことができます。そういう意味からも、日本だけでなく、世界の将来にとっても、日本の平和憲法は人類が持つ最高の宝物の一つなのです。

その他にも日本は、産業経済能力、人々の知的水準、科学・技術力、文化の蓄積など、国際環境平和国家として、世界の環境保全や平和・福祉に大きく貢献することができる有利な条件に恵まれています。

ただ、憲法に関しては、その意味を充分に理解していない人もかなり多いということと、憲法の精神を戦後の日本人は活かそうと努力してこなかったという事実があります。

そこで、現憲法を血肉の通ったものとするために、あらためて、日本に国際環境平和国家という理想(国是)を掲げようという活動を起こし、それを活発にして、最終的には、国民投票などによって、国際環境平和国家の理想を日本に掲げることを、国の内外に宣言することが必要だと思います。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< みんなで国に理想を掲げよう  その3 | ホーム | みんなで国に理想を掲げよう その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム