プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

諸悪莫作

諸悪莫作(しょあくまくさ)

「諸悪莫作」は通常の仏教漢文としては「諸悪は作すなかれ」すなわち「諸悪は行ってはいけない」という意味になります。

たとえば、仏道の修行者は、仏法の諸々の戒律への背反、すなわち、悪を行わずに、仏法の諸々の戒律を遵守し、すなわち、善を行い、ひたすら修行に邁進しなければならないとされます。

ところが道元禅師は、その必要性を踏まえながらも、諸悪莫作を「諸悪作すことなし」すなわち「諸悪は作されない」と読んで、アタマの世界と“いのち“の世界の違いを明快に説明しています。

「諸悪は行ってはいけない」というのはアタマの思いによる「すべての存在は分離している」という(例のタバコ図で言えば右側の)“バラバラな世界”における善悪観に基づいています。

けれども、善悪というものは本来存在しません。というのは、「これは善だ、あれは悪だ」と言っても、ひとそれぞれ判定の基準が異なっているからです。つまり、相対的なものでしかないのです。もっと直接的に言えば、物事そのものには善悪はありません。

それでも、善悪があるように思う人が多いので、「ああだ、こうだ」といつまでも言い争っているのがバラバラな世界です。

けれども、本来の世界は大いなる“いのち“が顕現した「すべてみんな繋がりながら変化している一つ世界」すなわち左側の不可分一体の世界ですから、そこには善悪そのものが存在しえません。ですから、本来の不可分一体の世界では「諸悪は行われない」のです。

もう少し説明すると、たとえば、仏道修行の初めの段階では、修行者は右側のバラバラな世界に存在していると思っていますから、善悪観念に沿って、「悪を行わずに善を行わなければならない」と言われるのでしょう。しかしながら、これはあくまで修行途中の便宜にすぎません。

では、修行者が(左側の)本来の不可分一体世界に目覚めたらどうなるのでしょうか?

その世界での行いはすべて“いのち“の現れとなりますので、その行いは常に“いのち“の要請に合致して、世界のすべてと調和していますから、そこにはもはや善悪はないのです。

もともと、左側の不可分一体世界しか存在していません。右側のバラバラな世界はいかにもリアルに存在しているように感じられますが、それでも実在するのは不可分一体の世界だけなのです。

ですから、「諸悪は作れない」のは当たり前です。

それは活元運動と同じです。すべてを“いのち“の世界に投げ入れて、“いのち“より行われ、それに任せていくことによって、力も入れず、心も費やさずに、すべてが自ずと整い調和していくのです。

自然な活元運動に善悪はありません。活元によって、右側の世界の善悪をはるかに超越して、“ただ”すべてが整っていくだけです。

同様に、左側の不可分一体の世界では、すべてを“いのち“の現れである真心に任せて生きていくだけですから、そこに善悪などありません。強いて言えば、そこには絶対善があるだけです。

“ただ”真心丸出しで生きていけば、すべてが自ずと整い調和していくのです。

これこそが本来の生き方であり、これほど簡単で楽なことはありません。本来他の生き方はありえません。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 真心で一切が整う | ホーム | 真心丸出しの国へ >>


コメント

諸悪は作されない、なんて、頭で捉えれば間違いなく爆弾発言ですね。
でも、いのちの世界ではそれが本当で当たり前。当たり前って本当に凄いですね。
何度でも何度でも、根気強くそこに戻ります。

鬼ごっこしてるの?

何度でも何度でも、根気強くそこに戻ります。

なんか大変だね。一生鬼ごっこしているの?

ここしかないんだよ。その他のどこにいる気になっているの? 元々その他のところなんてないんだよ。

その事実に気がつかなかったら、いつまでたっても、頭の中であっちに行ったり、こっちに行ったり鬼ごっこということになる。

あっちもこっちもないんだよ。

アタマのメガネを通してでなく、裸眼でその事実に気づくしかないのだ。それだけだ。


そうでした!!ここしかない。どこにもいません、決して。
使う言葉にも十分気を付けます。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム