プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

真心で一切が整う

真心で一切が整う

江戸時代後期に生きた盤珪禅師は次のように述べています。

「親が産み付けたものは仏心一つです。仏心は不生にして麗明なものですから、不生の仏心でいれば一切事が整います。なんと尊いことではありませんか。仏心の尊いことを知れば、迷いたくとも迷われません。一切の迷いは身のひいきにより迷うのです。身のひいきにより不生の仏心を修羅に変えてしまいます。身のひいきさえしなければ、一切の迷いはできません。」

当時、盤珪禅師の説教を聞いて、多くの人々が救われたと言われています。それは盤珪禅師が真実の生き方を実に明快に人々に示したからに違いありません。

では、「不生の仏心」とは何のことでしょうか? それは、まさに、不生不滅の“いのち“の顕現である私たち一人一人に生来備わっている真心に他なりません。

真心こそ私たち一人一人に親が唯一産み付けてくれたものなのです。

ところが、人間は育っていく過程で限られた能力しか持たない五感と二元相対的にしか思考できないアタマの働きによりバラバラ観を身に付けていきます。

その結果、他の人と利害が対立するような場面では、「自分こそが何より大切だ」という利己的な考えを持つようになり、何かにつけて、人と競争したり、争ったりするようになります。

観念としては、優劣観や差別感、所有観を当然のことと思い込み、この競争社会で落ちこぼれないように、能力や、財産、社会的地位や権力を求める傾向が非常に強くなります。

その半面、落ちこぼれたり、落ちこぼれそうになったと思って小さくなって生きている人もたくさんいます。

さらには、感情的には、何か自分の思うようにならないときなどには、怒り、憎しみ、恨み、孤独感、疎外感、強い淋しさや悲しさなどにとらわれるようになります。盤珪禅師はこれを修羅道と言っているのです。  

禅師の説教を僕なりの表現をすれば、次のようになります。

「この世界は本来不生不滅の“いのち“が顕現したものです。ですから、大宇宙も大自然も調和の中に運行しています。それは本来私たち一人ひとりについても同じですから、後天的にアタマの働きで思い込むようになったバラバラ観に基づく観念や感情や生き方を頼りにするのではなく、私たちひとり一人にもともと備わっている真心(それは“いのち“そのものの要請と言ってもよいでしょう)に従っていけば、自ずと整いみんなと調和して幸せに生きていけるのです。」

これはタバコ図的に言えば、アタマで妄想した右側のバラバラ観で生きるのではなく、“いのち“の顕現そのものである左側の不可分一体の世界こそが真実の世界であることを知り、本来備わっている真心を全面的に信頼して、真心丸出しで生きていくということです。

それは道元禅師がいかに言っていることともまったく同じです。

「ただ自分の身も心も放ち忘れて、“いのち”の世界に投げ入れて、“いのち”の方から行われて、これに従って行く時、力も入れず、よけいなアタマを使うこともなく、生死を離れて、“いのち”の人となる。誰が自分のアタマの中でぐずぐずしていられようか。」




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 平和は創るもの | ホーム | 諸悪莫作 >>


コメント

 人はアタマの世界で生きると身のひいきが始まります。すると心は修羅の心になってしまいます。
 真心で生きると世界は安らかです。つくづく真心丸出しなのだなと感じる毎日です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム