プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

平常心是道  その2

平常心是道  その2
(その1からのつづき)

もともと誰でも、タバコを吸う必要はない。タバコを吸いたいとは思わない。タバコを吸えなくてもイライラすることはない。それが平常心です。

でも、誰でも、食べ物を食べる必要がある。お腹が空くと食べ物を食べたくなる。お腹が空いている時に食べ物を食べられないとイライラする。それが平常心です。

本来誰でもノンスモーカーです。これは当たり前の真実です。

本来誰でもイーター(eater:食べる人)です。これは当たり前の真実です。

もともとノンスモーカーだった人でも、タバコを吸い始めると、「タバコを吸う必要がある。タバコを吸いたい」と思い、タバコを吸えないとイライラします。それは平常心ではありません。

なぜなら、それは、タバコを吸い始めるようになって、アタマで勘違いして「タバコを吸う必要がある。タバコを吸いたい」と妄想して、タバコを吸っているだけだからです。

つまり、ノンスモーカーであった時はもちろん、アタマの妄想にひかれて実際にタバコを吸うようになっても、「本来は誰でもタバコを吸う必要はない。タバコなんか吸いたくない」という真実そのものは絶対に変わることはないのです。

ですから、タバコは必要だと思ってタバコを吸っていても、自分は今まで「夢を見ていたのだ。本来誰でもノンスモーカーであるという真実はどんな状況でも、どのように思っても、変わるものではないのだ。自分は今でも真実はノンスモーカーだ」ということに気が付けば、そのとたん一瞬にして、何の苦労もなくノンスモーカーに戻れるのです。その真実に沿って生きていくこと、すなわち、平常心こそが真実の道なのです。

タバコと同じように、バラバラ観、優劣観念、差別観念、所有観念、憎しみ、恨みなどマイナス感情を持つのは当然だとする思い、本来人間は不自由な存在であるという思い、自分の欲しいものが手に入って感じる一時的な幸福感を真の幸福だとする思い、本来自分は何か欠けているという思いなどなど、これらはすべてアタマが作り出した妄想にすぎません。

すなわち、本来すべての存在は不可分一体であり、優劣も差別も所有もありません。不自然なマイナス感情は出てきません。人間は本来どこまでも自由であり、一時的な幸福感は仮の幸福でしかなく、自分は何一つ欠けているものがなく完結した存在である、ということは、思い以前の真実として、いまここにすでに厳然として現れています。

ですから、妄想はもちろん、アタマで作り出した思いはどんなものであれ真実そのものではないこと、また、アタマの思いに関係なく、真実の道は変わることなく、いまここにすでにあることに気付くことが「平常心是道」ということです。

心も体もアタマで、ああだ、こうだと言ったり、外から何かを加えなくても、大自然と同じように、その自然・真実に任せれば、自ずから整うようになっています。

つまり、人の心も身体も大自然も真実は不生不滅の現れとして、一切の分別や妄想以前に、"あるがまま"で、何一つ欠けることなく完結しているのです。

だから、自分という存在はどこまでも大安心であり、何も心配することはないのです。

(おわり)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 道本円通(どうもとえんつう) | ホーム | 平常心是道  その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム