プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

道本円通(どうもとえんつう)

道本円通(どうもとえんつう)

「原(たず)ぬるに夫(そ)れ、道本円通、争(いかで)か修証(しゅしょう)を仮(か)らん」(原点に立って言えば、道本より円通す。あらためてどうしなければならないということはない:昇平現代語訳)

これは道元禅師が中国から帰国して最初に書かれた『普勧坐禅儀』の冒頭にある語句です。

道元禅師はもっとも大切なこと、あるいは、言いたいことの結論を文の最初にズバッと書かれる傾向がありました。

また、道元禅師は「自分こそお釈迦様の仏教を正統に伝えるものである」という自負があったようです。

ということは、その後膨大な著作群を残された道元禅師の思想のすべて、そして、仏教のすべてがこの「道本円通」という一句に凝縮されていると言えるのです。

では、「道本円通」とはどういう意味なのでしょうか?

「道本円通」は「道本より円通す」と訓読みし、「本来・真実の道は本々全ての存在に円かに行き渡っている」という意味です。

この訳をさらっと読んでしまうと、見落としてしまう恐れがあるのが、「本」という言葉の意味です。

「本」というのは、「元」とも書き、「元来」あるいは「本来」あるいは「初めから」というような意味であることはもちろんです。

では、何に対して「本」なのでしょうか? 何に対して「初めから」なのでしょうか?

それは「アタマで作った思いや妄想や観念など」に対してということです。

つまり、道元禅師は、アタマで、ああだ。こうだと考えなくても、真実の道は、本々、自分の心や体を含めて、全ての存在に円かに行き渡っている。つまり、すべてが自ずから整うと同時に互いに調和している、あるいは、自ずから整うように、また、互いに調和するように働いている、と言っているのです。

これは「平常心是道」ということであり、アタマの思いや妄想や観念などに振り回されずに、本々備わっている平常心(不生の仏心・真心)に任せ、従っていくことこそが、すべてが自ずと整い、互いに調和する真実の道である、ということです。

そういう意味で、日々の生活の中では、アタマで勝手に作った思いに引かれて行動するのではなく、平常心や真心で生き、平常心や真心に沿って考えること、すなわち、平常心や真心に沿った真実の思いや正しい観念にしたがって行動することこそが肝要なのです。

そのように、状況に応じて自然に湧き上がってくる平常心や真心に従って生きている時にはいつも、まさに、「廓然無聖(かくねんむしょう)」です。

「廓然無聖」とは禅宗の初祖達磨大師の言葉で、「この世界はもともと、秋の青空のようにカラッと晴れて爽やかで広々として、汚れた迷いや煩悩、一切の観念、そればかりか尊い悟りさえひとかけらもない絶対的無一物の世界だ」ということです。

つまり、平常心というのは、不可分一体の“いのち“がそのまま顕現したものであり、それはすべての人間根性を超越した本来の心です。

その平常心に任せて生きて行くとき、もはや、何にも心配することもなく、いつもカラッと晴れた青空のようなさわやかな心境で全力で生きてゆくことができるのです。




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 不可分一体 一つの証明 | ホーム | 平常心是道  その2 >>


コメント

「正しい観念」について思うこと


「日々の生活の中で、正しい観念に従って行動する」とありますが、「正しい観念」とは何なのか、すっきりしないのでしらべてみました。
「観念」とは、物事に対する頭の思いで、当然、バラバラ観から生じた自他、所有、優劣、差別、等々を指すものだと思います。自覚のセミナーを受けるまでは、これらの観念は当たり前のこととして、何んの疑問も感じなく生きていました。
しかし、その後、これらの観念は妄想でしかないこと、ただ一つ、「無限のいのち」の存在しかなく、その存在の真実に沿って生きていくことに目覚めました。
そして、セミナー等での瞑想を深めることにより、そして、愉気を行う際、頭からのさまざまな「観念」をなくし「無」になることを実践してきました。まだ、その体現は浅いものかもしれませんが、「観念」そのものが、もともとないのではと思うようになりました。
ですから、「正しい観念に従って行動する」の言葉が、心にストンと落ちなく、しらべようとしたいのは、そのためかもしれません。
二元相対の世界で「正しい観念に従って行動する」とは、これらの妄想と真逆の観念に従い行動するということは理解できます。頭がある限り「観念」は湧き出てきます。
でも、禁煙の世界で、タバコは、もともとありません。
「観念」も、もともとないのではないでしょうか。ただ一つ「無限のいのち」の存在しかなく、その存在の真実に沿って行動する(それは自然に発動する)ことだけしかないと思います。

いのちを土台にしてアタマを活かす

この社会で生きていく中では、人間は本能だけでは生きていけません。いのちを土台にしてアタマを正しく使って生きていかなければなりません。

ところが、往々にして、人々は自分のアタマ、あるいは思いを土台にして、いのちを生きようとしています。

これではいのちが窒息してしまいます。

どこまでも、いのちの真実、存在の真実を基盤として、その上に立ってアタマを正しく使うことが肝要です。それは正しく思考するということです。その時その思考は真理に照らして正しいということです。

それは観念についても同じです。「観念」という言葉には「アタマで勝手に作り出した考え」というイメージもあるかもしれませんが、僕は単純に「考え方」という意味でつかっています。


確かに、本能レベルでは観念は存在しませんが、人間の社会生活の中では、思いの正否を問題としなければならないことが多いわけで、そのような場合には、当然正しい観念に基づいて思考し意思の疎通を図らなければなければなりません。

例えば、現在の社会ではほとんどの人が優劣や所有観念を持って生きています。しかし、それは間違っています。

真実は優劣も所有もありません。

言葉にすると、無優劣であり、無所有です。それが存在の真実であり、真理です。

けれども、そのように思ったり言葉にした時には、思考のレベルでは、無優劣も無所有も(正しい)「観念」であると言ってよいのです。

それが観念だからダメということではないのです。その考え方あるいは観念が存在の真実あるいは真理に合致しているかどうかのみが問われなければなりません。

つまり、正しい観念か間違った観念かが問題なのです。

いずれにしても、真心に沿って、そして、正しい観念を活かして生きていくのが人間としての真実の生き方ということです。



スッキリ晴々した気分です


 昇平先生のコメントを読み、混んがらかった糸が解け、スッキリ晴々した気分です。本当にありがとうございました。

「いのちを土台にしてアタマを活かす」この言葉を肝に命じ、生きていきます。

********************

オカダさんと昇平先生の掛け合い、とてもスッキリしました。心落ち着かせ、冷静になって調べて、真心に沿った考えを導き出す作業をしていきます。今のテーマは「責任」です。この正体を調べています。

本々自分の心や体を含めて、全ての存在に円かに行き渡っている・・・

まどかに、とはなんと素敵な言葉でしょう。

言葉を調べてみると、まるいさま、満ち足りて安らかなさま、おだやかなさまとありました。

この一文を読むと満ち足りておだやかになります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム