プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

不可分一体 一つの証明

不可分一体 一つの証明

まず、1000年以上前、世界のある所に40歳まで生きた一人の人間を想定する。

次に、一人の人間の1日の水の平均的摂取量を
2リットル(2000ml)、つまり、2000立方cm=2X(10の3乗)立法cmと仮定する。

(10の3乗)というのは10を3回掛けること。つまり、
10X10X10ということ。
10の5乗であれば、10X10X10X10X10=100000で、つまり、
1の後に0が5個付く数字。

生きている間にこの人間の体の中を通過した水の量は
(40X365X2000)立方cm、すなわち、(2.92X10の7乗)立法cmとなる。

1立法cmの水は(3.34X10の22乗)個の水の分子を含んでいる
ので、(2.92X10の7乗) X (3.34X10の22乗)個
=(9.75X10の29乗)個の水の分子がこの人間が生きている間に体の中を通過したことになる。

飲んだ水は腸から吸収され、血液と一緒に心臓へ運ばれ、心臓から血液と共に全身の細胞に運ばれる。その後必要なくなった水は尿や汗として体外に排出される。

次に地球上に存在するすべての水の分子の量を概算で求める。

地球上の海の水の量(体積)=海の全面積X海の平均の深さ 
である。

地球の半径=6450km=6450000m=645000000cm
=(6.45X10の8乗)cm とすると、
球の表面積=4X3.14X(半径の2乗) だから、

地球の表面積
=4X3.14X(6.45X10の8乗)X(6.45X10の8乗)平方cm
=(5.22X10の18乗)平方cm となる。

海(大洋)の全面積は地球の表面積の約4分の3 であるから、
海の全面積=3/4X(5.22X10の18乗) 平方cm
=(3.91X10の18乗)平方cm となる。

また、大洋は一番深いところで約10000m、浅いところで
約2000mと考えて、ここでは大洋の平均の深さを4000m
=400000cm=(4X10の5乗)cm と仮定すると、

海の全体積=全面積X深さ
=(3.91X10の18乗)X(4X10の5乗)立法cm
=(1.56X10の24乗)立法cm となる。

1立法cmの水は(3.34X10の22乗)個の水分子でできており、また、陸地の水の量は海の水の量に比べて非常にわずかなので無視して0として計算すると、

地球上に存在するすべての水の分子の個数
=(1.56X10の24乗)X(3.34X10の22乗)個=(5.21X10の46乗)個 となる。

したがって、この地球上に存在する全水の分子(5.21X10の46乗)個
のうち、例の1000年前の人間の体を通過した全水の分子
(9.75X10の29乗)個の占める割合は、
(9.75X10の29乗)/(5.21X10の46乗)=1/(5.3X10の16乗) となる。

この人間の体を通過した(9.75X10の29乗)個の水の分子はほとんどその後海に流れ込み、あるいは、蒸発した後、雨の一部として地上に降った後、小川に流れ込み、最終的に海に入っていったはずである。

海は大小のいろいろな潮の流れや海流によって海水は常にかき混ぜられている。それらの流れは
およそ、1年に1000km=(10の8乗)cm から 
10000km=(10の9乗)cm 流れる。

地球の半径は(6.45X10の8乗)cm、あるいは、
地球の円周は(4.0X10の9乗)cm なので、
もっともゆっくり流れる海流が地球を1周するのに掛かる年数は、
(4.0X10の9乗)/ (10の8乗)=40 年 となる。

ということは、1000年間で1000/40=25回周回することになるが、平均的速度の海流であれば100回は周回したと推定できる。

それに加えて、1000年間におよぶ水の蒸発や降雨、降雪、風、川の流れや氾濫、洪水などによる水の攪拌を考えれば、
例の人間を通過した(9.75X10の29乗)個の水の分子は、すでに、
地球上の全水の分子 (5.21X10の46乗)個とほとんど均一に混じりあっているということである。

ということは、現在この地球上に存在するどんな水も、1000年前に生きた例の人間の体を通過した水の分子を、
その体積の1/(5.3X10の16乗)だけ含んでいるということである。

例えば、目の前のグラスに180ml=180立方cmの水が入っている
とすれば、
その中には180立法cm X (1立法cm中の水分子の個数)
=180 X (3.34X10の22乗)個=(6.01X10の24乗)個の水の分子が入っている。

そのうちの1/(5.3X10の16乗)、つまり、
(6.01X10の24乗)個X 1/(5.3X10の16乗)
=(1.13X10の8乗)個=113000000個
=1億1300万個 が1000年前に生きた例の人間の体を通過した水というわけである。

次に、体重50kgの人がいるとする。人間の体に含まれる全水分量は大体50パーセントから70パーセントで年齢とともに少なくなっていく。ここでは60パーセントと仮定する。

50kg=50000g=5X(10の4乗)gであるから、この人の体の全水分量は 
(5X10の4乗立法cm)X0.60=(3.0X10の4乗)立法cm である。

1立法cmの水は(3.34X10の22乗)個の水分子でできているので、
この(3.0X10の4乗)立法cm に含まれる水の分子の数は、
(3.0X10の4乗)X(3.34X10の22乗)個=(1.00X10の27乗)個 である。

そして、そのうちの1/(5.3X10の16乗)、つまり、
(1.00X10の27乗)個X 1/(5.3X10の16乗)
=(1.87X10の10乗)個=18,700,000,000個=187億個 が
体重50kgの人の体の中に存在している1000年前に生きた例の人間の体を通過した水である。

1000年前のこの人間だけではない。釈迦の体の一部となり釈迦を生かしていた水も、キリストを生かしていた水も今生きている自分の中にあって自分を生かしている。自分だけではない、生きとし生けるものの中にあって、すべてを生かしている。

私たちひとり一人が体の一部としている水の分子は、過去に生きたすべての生きとし生けるものの一部であったのであり、その後体外に出た水の分子は世界中のすべての生きとし生けるものの体の一部となっていく。

そして、地球だけでなく全宇宙において、水だけでなく、すべての存在が分子や原子ベルで集合・離散・循環している。

これが物質面から見た不可分一体の世界の一面である。

要するに、すべては一つの“いのち“が顕現している姿である。

あらためて問う。自分とは何者か?





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< あなたの宝の蔵はどこに | ホーム | 道本円通(どうもとえんつう) >>


コメント

 最近のブログから思うこと

 最近のブログから思うこと
 以前に「太古の風が今も吹いている」と聞いたときに「そうなんだ!」と驚嘆しました。そしてまた、「不可分一体 一つの証明」は難解で、まったく考えたことも想像したこともないことでした。「私たちひとり一人が体の一部としている水の分子は、過去に生きたすべての生きとし生けるものの一部であったのであり、その後体外に出た水の分子は世界中のすべての生きとし生けるものの体の一部となっていくのである。」に衝撃を受けました。道元禅師『正法眼蔵』の、「命」=「水」=「空」=「鳥」=「魚」もしかりです。
理解が浅くも、何回も読んでいると、目の前の木々や草、空も風も、私の体も人々もすべて溶け込み、実に穏やかで安心で、今ここに生きていることが愛おしくなります。
 ブログについて、夫とよく話します。「正しい観念とは」と、問われましたが、「観念脱落」が浮かんできて???でした。先生のコメント、「いのちを土台にしてアタマを活かす。真心に沿って、そして、正しい観念を活かして生きていくのが人間としての真実の生き方ということです。」で解けました。瞑想・愉気・活元・日々の生活を深めるに尽きます。
 道元禅師の道本円通にしても、趙州と南泉禅師の平常心是道も、このセミナーを受けていなかったら、自覚のセミナーを受けていなかったら、何も知らないまま、どっぷりと間違った生き方を続けていたでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム