プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

誰でもすでに完結している

誰でもすでに完結している

今日地球上に生息する生物は、生命の発生以来数十億年の間に生命を脅かす無数の危機に遭遇しましたが、その度に遺伝子の突然変異により、いろいろな機能を獲得・進化させることによってその危機を乗り越えてきました。

人類は生物進化の頂点に立っていると言われますが、体の面でも心の面でも、その生存能力の素晴らしさは過去数十億年の実績により実証済みであると言えましょう。

その証拠に、医学が生まれるまで、人類は医者や薬に頼ることなく地球上のほとんどあらゆる所に生息地を広げ繁栄してきました。

ところが、近代医学が発展するに従って、私たちは、人間は体も心もか弱い生き物だと信じるようになってしまいました。

野生の動物にとっては妊娠、出産は自然の営みで、医者や薬なしに自分ひとりでちゃんとこなします。

ところが、人間はと言えば、妊娠や出産をまるで病気のように扱い、何度もいろんな検査を受けたり、出産に際しても促進剤を使ったり、医者や看護婦や助産婦の補助なしにはできないというのが常識となっています。

学校での定期的な健康診断、あらゆる種類の予防接種も人間はか弱い生き物であり、薬や医者なしには生きてはいけないという考えを子供心に植え付けます。健康診断や予防接種は大人になっても奨励され、私たちは「人間はか弱い生き物だ」とますます洗脳されていきます。

私たちは、あらためて、人間には野生の動物と同じように、本来、自分自身で体や心を整えて健康を保っていく力が十分に備わっていることをしっかりと認識することが重要です。

薬や医者など外部の助けに頼るのではなく、体の不調の原因は食生活を含めた不自然な生活態度にあるのですから、まず、生活態度を見直し、健全な生活に戻すことが肝要です。そのうえで、自分自身にもともと備わっている体を整える機能をより活発にすればよいのです。

心についても、ほとんどの人がストレスや恐れ、不安、心配は不都合なことと勘違いしています。

でも、アタマで妄想をたくましくして必要以上に感じすぎるのは問題ですが、真実は、「何かがうまくいっていないよ。何とかしなければいけないよ」と警告してくれているのであり、生存をよりスムーズにするために人間にもともと備わっている大切な機能なのです。

ですから、たとえば、ストレスがあるからと言って、甘いものを大食いしたり、お酒や鎮静剤などを飲んだりして神経を麻痺させてストレスを感じなくするというのはとてもマズイのです。

一時的にストレスを感じなくさせても、酔いや薬の効果が醒めればストレスは戻ってくるわけで、大食いやアルコールや薬そのものによるストレスも加わり状況はさらに悪くなります。

ストレスは警告シグナルですから、ストレスを解消するにはその原因そのものを見つけてそれを取り除くしかないのです。まさに、そのために必要であるからこそストレスは生じるのです。恐れや不安や心配などについても同じです。

このように、人間は、本来、体も心も何一つ欠けることなく、すでに完結しているのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< なぜタバコについて書くのか  その1 | ホーム | 徒然の思い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム