プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

なぜタバコについて書くのか  その3

なぜタバコについて書くのか  その3

スモーカーモードの何が問題なのでしょうか?

それは、スモーカーは洗脳されて、自分のアタマがスモーカーモードになっていることに気が付いていないということです。

アボガドを生まれて初めて食べることによって、アボガドの味を知ることができるのと同じように、スモーカーも、タバコを吸うようになったからこそ、「タバコは喜びであり、心の支えだ」と思うようになったのです。

でも、そこに見逃している大きな過ちがあります。

それは、アボガドは普通の果物であり、タバコは依存性物質、つまり、麻薬だという事実に気が付いていないということです。

麻薬は人を騙(だま)して、「これは喜びだ、心の支えだ」と錯覚させます。

つまり、スモーカーはタバコに騙されて、「タバコはいいものだ」と思わされているだけなのです。

「そう言われても、なかなか実感としてそう思えない」とスモーカーは言うかもしれません。

でも、実感を当てにして判断してはダメなのです。なぜなら、タバコは狡猾な手品師のようなもので、スモーカーはみんな見事に騙されてしまうからです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

それは「メタ認識」をするということです。

スモーカーはスモーカーモードで“主観的に“考えたり、感じたりして認識しているのですが、メタ認識というのは、自分の姿を外から第三者の眼で”客観的に“見て認識するということです。

ヘロイン患者はヘロイン依存モードで、腕にヘロインを注射して、「ヘロインは喜びであり、心の支え」だと思っています。

でも、たとえスモーカーではあっても、ヘロイン患者でなければ、誰でもヘロイン患者を外から第三者の眼で客観的に見ることができます。

その結果、少し注意してみていれば、「ヘロイン患者はヘロインを注射してハイな気分になっているのでもなく、真の喜びを得ているのではない。前に注射したヘロインが生み出したヘロイン切れの惨めな気持ちを、新たにヘロインを補充することによって一時的に解消しているだけだ。しかも、新たに補充したヘロインが再び惨めな気持ちを生み出すのだ」ということに気が付くでしょう。

スモーカーも自分自身の姿をメタ認識して見れば、自分自身がヘロイン患者とまったく同じだということに気が付くでしょう。

スモーカーも最初の1本を吸うまではノンスモーカーだったのです。その時、どんな状況でもタバコが必要だ、吸いたいなどと思ったことはなかったはずです。それがタバコに対する真実の見方です。

ですから、スモーカーモード、すなわち、タバコの価値観は全くの幻想にすぎません。この真実に気が付けば、誰でも一瞬にしてタバコに対する幻想の価値観を放り投げて本来のノンスモーカーに戻れます。

これと同じように、存在の真実に気づく、すなわち、悟りを得るためには、メタ認識により、この社会で身に付けてきたいろいろな観念がすべて洗脳されたものであり、すべて間違っていたことに気が付けばよいのです。

その間違いをはっきり認めたときに、すでに自分は不可分一体の真実の世界に生きていたことにはっきりと気づくことができるでしょう。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 生で生きる | ホーム | なぜタバコについて書くのか  その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム