プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

心が真実の自己

心が真実の自己

馬祖道一禅師はよく「即心是仏(そくしんぜぶつ)」、すなわち、心が真実の自己であると言いました。以下は「即心是仏」に関する非常に分かりやすい逸話の一つです。


汾州和尚は洪州の馬大師が禅門の第一人者であると聞いて、わざわざ出かけて礼拝した。(中略)
汾州は礼拝して尋ねた、「真理に至る三つの道の教えは、ほぼ究め尽くしました。かねて、禅門は『即心是仏』だと聞いていますが、まだ全く了解できません。お願いします。お教えください」。

馬大師は言った、「お前の了解できぬその心こそがそうだ。その外には特にない。了解できないときは迷いで、了解できたときは悟りである。迷えば衆生(あれこれ迷っている普通の人)であり、悟れば仏(悟りを得た真実の人)である。衆生を離れて別に仏があるのではない。手が拳(こぶし)となり、拳が手となったりするようなものだ」。

と聞いたとたんに汾州はカラリと大悟し、涙を流して咽(むせ)び泣きながら馬大師に申しあげた、「今まで私は仏道は深遠で、長い年月精進に精進を重ねて、始めて成就するものとばかり思っていましたが、法身(絶対的真実)のありのままがもともと具わっていること、一切のものは心から仮に生じ、ただ名前だけがあって実体はない、ということが、今日やっと分かりました」。

馬大師は言われた、「そうなのだ、そのとおりだ。一切の心の本性は不生不滅であり、一切のものはもともと空寂である」。(以下略)
(参考:『馬祖の語録』 入矢義高編 禅文化研究所出版)


この世界のすべてのものは不生不滅の“いのち“、すなわち、心が顕現したものです。つまり、心はあらゆるものにあるがままでもともと具わっています。逆に言えば、一切のものは仮に生じているのであり、名前はあっても実体はなく、そのままでもともと空であり、静寂そのものです。

アタマのはたらきも心、つまり、存在の真実の現れです。ただ、それはアタマで考えることは何でもよい、つまり、存在の真実に合致するということではありません。

つまり、アタマで考えた“内容”は存在の真実に合致するときも、しないこともあるということであり、合致した時が悟りで、合致しない時が迷いです。

ですから、勝手な妄想やデタラメな思い、あるいは、それらに引きずられた行為がよいわけはありません。

ただ、存在の真実に関して言えば、それ以前に、アタマを含めて、すべてがありのままですでに具わっていることを了解したならば、それが悟りなのです。

多くの人はせっかく具わっているアタマで妄想し、勝手な夢を見ているために、つまり、アタマモードになっているために、存在の真実そのものに気づいていません。

それはスモーカーのアタマがスモーカーモードになって、タバコは本来必要ないものというタバコの真実に気づいていないのとまったく同じです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

アタマでは存在の真実そのものは摑えることはできません。存在の真実はそれ以前にすでに“いまここ”にすべてそっくりありのままに現れています。

それを求めようとする心こそが存在の真実であることに気付くことです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 2+3は5 | ホーム | 赤十字国家の提唱 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム