プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

なぜ平和な世界を希求しないのか

なぜ平和な世界を希求しないのか

1967年3月6日未明に

人間は空を飛ぶことを夢見た
人間は水をくぐることを夢見た
レオナルド以前にも
それを空想した人があるかも知れない
レオナルド以後の多くの人々の夢は実現した

人間と人間が殺し合わない世界の実現は
空を飛ぶより
水をくぐるより
より切実な夢ではないか
人間の集団が他の集団から襲われることを
疑い恐れている あわれな姿
人間として人間を恐怖する姿
そんなことがあってよいものか
なぜ、それをなくすことを夢みないのか
人間が他の人間の上に爆弾を落とす
そんなことが
平気でできる人間がいてもいいものか

生きようと切な願いを持つ人々
その切な願いにかこまれて
生きようとする自分

自己を生かし 他を生かす
人間の悲願のすべては
そこにかかっているのではないか

エラスムスが夢み
カントが夢み
限りなく多くの人々が夢み
意識的にせよ 無意識的にせよ
すべての母親が心の底に願い夢みている
戦争なき世界がどうして実現できないのか


社会に正しさを豊かさを育てようとする社会
科学は何をしているのだろう
社会をよくし正しくしようとし
隣人愛人類愛を説き願うすべての教育者は
何をしているのだろう
戦争なき世界の実現は夢なのか
夢は実現できないというのか
空を飛び 水をくぐり 宇宙の果ての
月に星に旅しようとする夢は実現できても
人と人が殺し合わない世界の実現は
できないというのか

「人間の業の深さ」などといって良心をごまかし
何もせず 傍観していてよいものなのか
世界の科学者教育者
すべての人々が手をつなぎ
力を合わせる時が来ているのではないか
日本の科学者は
なぜアメリカの科学者によびかけないのか
なぜ世界の働くもの 科学者教育者は
団結しないのか
なぜすべての人々は
自分でできる平和の道をさがさないのか

(1967年 3月 小林 多津衛 70歳)


この文章は僕が敬愛する故小林多津衛先生が書かれたものです。

パソコンの整理をしていたら、さっき偶然この文章を発見しました。

僕も昨日からずっとまったく同じ趣旨のことをブログに書きたいと思っていました。

実に不思議です。


(なお、「なぜ平和な世界を希求しないのか」というタイトルは僕が仮に付けたものです。)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 本当にわかるということ | ホーム | 自覚のセミナーの感想  NNさん >>


コメント

こんなにまっすぐな、グッとくる文章。すぐに、心に染み入りました。

一人一人が、世界中の一人一人の安心を夢見たら、いろんな観念を脱してそれを胸に堂々と生きられたら、世界平和はあっという間だなと感じました。

それが根本にないと、社会全体がエゴイズムを超えて、動き出すはずがないと心底思います。

でも、僕にできることは、世界中の安心を夢見ていることを、何にも恐れることなく、関わる人に伝えていくことです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム