プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

本当にわかるということ

本当にわかるということ

タバコの実態を調べてみると、メリットは一つもなく、あるのは、とんでもないデメリットばかりだということがわかります。

このタバコの真実がはっきりわかれば、吸いたい気持ちは完全に消えてしまいます。吸いたい気持ちがなければ、いらない紙くずをゴミ箱にポイと捨てるようなもので、やめるのに精神力はまったく必要ではありません。やめたい気持ちと吸いたい気持ちとの葛藤もないので、禁断症状も出ません。ですから、簡単にタバコをやめることができます。

ところが、「タバコの真実が分かっても、吸いたい気持ちがなくならない」という人たちがいます。

ここで、問題です。
そういう人は、タバコの真実がわかっていないのでしょうか? だから、吸いたい気持ちがなくならないのでしょうか?

このように質問すると、ノンスモーカーの人たちは大体「そういう人たちはアタマでわかっているだけで、本当にはわかっていない」と自信たっぷりに答えます。

まだタバコを吸いたいと思っている人たちも「自分たちは多分本当にはわかっていないのだろう」と自信なさそうに答えます。

要するに、「本当にわかっていれば、吸いたい気持ちがなくなって、すぐにやめられるはずだ。そうでないということは、本当にはわかっていないのだ」と言いたいのでしょう。

タバコだけではありません。存在の真実についても同じような現象が見られます。

僕はセミナーやブログを通じて、存在の真実について、みなさんにわかるように説明しています。

一部の人たちはすっきり「わかった」と言い、その瞬間から存在の真実に沿った生き方に見事に転換し、その後も生き生きと生きています。

ところが、多くの人たちの反応の仕方はタバコの場合とよく似ているのです。その時は、「よくわかった」と、とても喜んでいるのですが、その後、はっきりと存在の真実に沿った生き方に転換したようには見えません。本人に聞いてみても、同じように感じているようです。

これはどういうことでしょうか?

どうやら、本人は「アタマで分かっただけで、本当にはわかっていないのではないか?」と思って、自分自身でも不甲斐ない思いをしているようです。

でも、ここで僕ははっきり断言します。

僕のタバコの説明を聞いたスモーカーの人たちも、セミナーで存在の真実を自分で確かめた人たちも、本当は、よくわかっているのです!!!

ただ、それ以前の、自分の感覚(妄想)がクセのようにその上にチラチラと重なって見えるために、真実がちゃんと見えていないように感じてしまい、自分はよくわかっていないのではないかと感じるのです。

雲の上にはいつも青空があります。

雲を何とか取り除こうとするのではなく、青空だけを見ていれば、いつのまにか自然に雲は消えてしまいます。

同じように、クセのように現れる妄想的感覚を相手にするのでなく、自分は真実を本当にわかっていることを確信し、それに沿って生きていけばよいのです。そうすれば、脳内に新しいプログラムが形成されて、クセのように現れていた妄想的感覚はしだいに現れないようになっていきます。

僕のセミナーで存在の真実を自分自身で確認されたかたは、自信を持ってください。

あなたは“本当は”わかっているのです!!!





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 自分というもの  その1 | ホーム | なぜ平和な世界を希求しないのか >>


コメント

このブログで説明してくれている事、とてもわかりやすく明解でした。雨雲の上にはいつも青空があり、そこに沿って生きていると自然とその世界だけになっている。腹に落ちました。

いのちの真の生き方

昇平さん、いつもいのちについて、真実についてわたしたちに教えて下さり、誠にありがとうございます。お話を伺ってきて、やっと自分で自分(いのち)を汚してきたことに気がつき、憑き物が取れた思いです。というか、まさに雲の上には青空がいつもあったのです。まったく、アタマは実に小さくせまく、おろかでした。そしていのちがとても大きくぶっ続きであったことに感謝の念が沸き起こるばかりです。「あなたは”本当は”わかっているのです!!!」何て力強い言葉でしょう!世界中のすべての人にいのちのことをわかってもらいたいです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム