プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

真実に眼を覚ます

真実に眼を覚ます

タバコを吸い終わると、体内のニコチンはすばやく減少し、しばらくすると禁断症状を引き起こし、何か物足りないような不安で落ち着かない気持ちになる。と同時にタバコを吸いたいという何かイライラするような渇望感が生じる。

そこでまたタバコを吸うと、煙を吸引してから7秒後にニコチンが体内に供給され、イライラするような渇望感が癒されホッとする。と同時に禁断症状が治まり満足感を得る。からだはリラックスし、タバコは楽しい、タバコはうまい、タバコはこころの支えだと感じる。

しかし、タバコを吸い終わると、体内のニコチンはすばやく減少し、しばらくすると禁断症状を引き起こし、何か物足りないような不安で落ち着かない気持ちになる。と同時にタバコを吸いたいという何かイライラするような渇望感が生じる。

そこでまたタバコを吸うと、煙を吸引してから7秒後にニコチンが体内に供給され、イライラするような渇望感が癒されホッとする。と同時に禁断症状が治まり満足感を得る。からだはリラックスし、タバコは楽しい、タバコはうまい、タバコはこころの支えだと感じる。

しかし、タバコを吸い終わると、体内のニコチンはすばやく減少し、しばらくすると禁断症状を引き起こし、何か物足りないような不安で落ち着かない気持ちになる。と同時にタバコを吸いたいという何かイライラするような渇望感が生じる。

そこでまたタバコを吸うと、煙を吸引してから7秒後にニコチンが体内に供給され、イライラするような渇望感が癒されホッとする。と同時に禁断症状が治まり満足感を得る。からだはリラックスし、タバコは楽しい、タバコはうまい、タバコはこころの支えだと感じる。

しかし、タバコを吸い終わると、体内のニコチンはすばやく減少し、しばらくすると禁断症状を引き起こし、何か物足りないような不安で落ち着かない気持ちになる。と同時にタバコを吸いたいという何かイライラするような渇望感が生じる。

そこでまたタバコを吸うと、煙を吸引してから7秒後にニコチンが体内に供給され、イライラするような渇望感が癒されホッとする。と同時に禁断症状が治まり満足感を得る。からだはリラックスし、タバコは楽しい、タバコはうまい、タバコはこころの支えだと感じる。


タバコの負の無限ループはきっぱりとやめてしまわないかぎり死ぬまで続く。

それでもタバコを吸いたいと思うか?

でも、こんなことはほんの一例にすぎない。

ある南の島の豪華なホテルに泊まっている一人の富豪(F)が、いつもヤシの木の下で昼寝をしている現地人の男(G)をつかまえて話しかける。

F:怠けてないで、一生懸命に働いたらどうだ。
G:一生懸命に働いて、どうするの?
F:とにかく働いて働いて、大金を貯めるんだよ。
G:大金を貯めて、どうするの?
F:たとえば、暖かい所に別荘を持つのさ。
G:別荘を持って、どうするの?
F:別荘の庭のヤシの下で、昼寝をするんだよ。
G:オレはずーっと前からこうしてヤシの下で昼寝をしているよ。

ほとんどの人は自分が何事についても負の無限ループ思考に陥っていることに気づいていない。

だから、目の前の存在の真実に目覚めることができないのだ。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 名前とバラバラ観 | ホーム | 川の瞑想の最終目的 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム