プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

名前とバラバラ観

名前とバラバラ観

この世界は本来不可分一体の世界です。

自分は全世界とぶっ続きの“いのち“を生きています。

自分は大きな世界の中に小さな個として存在しているのではありません。

宇宙即我、つまり、全宇宙・全世界がそっくり自分なのです。

このように言うと、「宇宙即我」なんて、すごい悟りですね、な~んて言われそうですが、気がついてみたら、実に当たり前の真実にすぎません。なぜなら、もともと、みんな一つだということに気がつけばいいのですから・・・。

でも、それに気づくのがすごい、なんてあなたは言うかもしれませんね。

確かに、すごいと言えば、すごいとも言えるかもしれませんが、それでも、気がついた真実はごく単純なことにすぎません。

では、なぜ、ほとんどの人が難しいことと思っているのでしょうか? それが分かれば、存在の真実なんて誰でも簡単に分かるようになります。「なあんだ、そんなこと当たり前じゃん」というわけです。

では、あらためて、なぜ、ほとんどの人が「宇宙即我」の真実に気がつくのが難しいと思っているのでしょうか?

それは、名前を付けるからです。

勘がいい人はなるほどと思われたかもしれませんが、ほとんどの人は「名前? エッ? どゆこと?」と思われたでしょうね。では、分かりやすく説明しましょう。

たとえば、今「カー カー」という音が聞こえているとします。そうすると、私たちは「カラスが鳴いている」と思います。

これが問題なのです。「カー」はただ「カー」なのですが、名前は他と区別するためのものですから、“カラス”という名前を付けた瞬間に世界が分離しバラバラになってしまいます。

つまり、カラスとそうでないもの、カラスとそうでない自分、というようにすべてが分離しているかのようにアタマは認識するのです。というか、アタマはいつでも、この世界を分離したものとして捉える傾向があるのですが、ちょっとしたきっかけを捉えては、名前を付けることによって、それを実証しようとする傾向があるといったほうがより正確なのかもしれません。ニワトリが先か、タマゴが先かの問題と似ていますね。

でも、真実は、「ゴ~ン」はただ「ゴ~ン」なのです。「鐘」という名前を付けなければ、ただ、それだけで、この世界のどこにも分離したものはありません。

聴覚だけでなく、視覚についても同じです。

たとえば、今、前方を見ているとします。いろいろなものが見えています。ただそれだけで、どこにも分離したものはありません。すべては一つです。この世界は不可分一体の世界です。

ところが、「あそこに”山“がある」とか「”空“に”雲“がある」というように、名前を付けた瞬間に、この世界はみんなバラバラの分離した世界であるかのように認識されてくるのです。

この実験は簡単にできるのですが、アタマ型の人は「分かったようで、分からないなあ」と思うことでしょう。

そういう場合には、絶対の静寂の中で、思考を止めてこの世界を見ていればよいのです。

そして、いったん、この世界には分離がないということが分かれば、名前を付けようが付けまいが、いつでも不可分一体のこの世界を実感できるようになるでしょう。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 死についての勘違い | ホーム | 真実に眼を覚ます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム