プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

平和な世界は簡単にできる  その4

平和な世界は簡単にできる  その4
(その3からのつづき)

僕は拙著『国の理想と憲法』を、文字通り、いのちを懸けて世に出しました。その考えに賛同する方が増えるのは、もちろん、嬉しいことだとは思いますが、『国の理想と憲法』を読んで、その真意を受け止め、それぞれがいのちを懸けた魂の叫びのレベルで話し合って、真の平和世界を実現するために本当によいものを打ち出していくことこそがもっとも重要で必要なことだと僕は思います。

もちろん、僕には誰かを非難する気持ちはまったくありません。このシリーズはただ、どこにみなさんの考えと僕の考え、特にネホサについての考えとに違いがあるかということを明らかにするために書いているだけなのです。もちろん、これは僕の考えですから、押し付ける気持ちもまったくありません。

僕は、僭越ながら、いろいろなメーリングリストなどでの意見交換に、それぞれの意見はそれなりに立派なものであるとは思いながら、あまり興味を持てなく、しばしば「不毛な議論をいくら続けるつもりなのか」と思ってしまいます。つい、「こんな有様では、この社会はいつまで経ってもどうにもならない。それどころか、ますます混乱と苦しみが増えていくだろう」と思ってしまうのです。

僕がこのように感じてしまう背景については前にも書きました。小3の時の直感については、折に触れてそれが正しかったのかどうかを検証してきましたが、結果的には、今日までその直感の間違いを見出すことはできませんでした。

何よりも、大人になって、まるで何かに導かれるかのように、和田先生に出会い、ネホサの考えを知り、そして、奇跡的に不可分一体の存在の真実に目覚めえた体験により、この社会の間違いの根本原因を見つけることができました。そこから、僕にはタバコ図のように、右のアタマによるバラバラ観の世界、左の本質の不可分一体の世界という構図が生まれてきました。

そこが、どうしたらこの社会を変えていけるのかという点について、多くの方々と僕の考え方の違いに繋がってきたのではないかと思います。

僕は小3の時に「この社会はすべてが根本的に間違っている!」と直感しました。大人になって存在の真実を自覚することによって、その直感がはっきり確信に変わった時点から、右の世界で何をやってもどうにもならないと思って生きてきました。ですから、必然的な結果として、国家エゴイズムの解消を図ることによって人類の破滅を回避するだけでなく、困難な社会的諸問題を解決するためには、ネホサこそ唯一の方策だと思ったのです。

この社会は狂っているのですから、部分的でなく根本的に変えなければどうしようもないのです。もちろん、右側の左として、選挙やその他の手段で、現政権のやり方を何とかしようという努力は捨ててよいはずはありません。また、安保法制や日米地位協定、憲法、原発など社会の重大な問題について、事実を調べ真実を世に広く知らせ、議論を深めていくことも重要です。

でも、そんなことではこの社会は根本的には変わらないということは、それこそ、これまでの戦後の日本の歴史が証明しています。はっきり言えば、変わるはずがないのです。

(つづく)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 平和な世界は簡単にできる  その5 | ホーム | 平和な世界は簡単にできる  その3 >>


コメント

昇平先生、出発前のご多忙の中、これだけのものを用意してくださり本当に有難うございます。
 何度も繰り返し読んでいます。一字一句こぼさないために音読することにしました。これは、本文3行目にある言葉ですが「その真意を受け止め」ることを、まず自分ができているのか、と省みたからです。事実、1~10までを読んで、まるで新しく聴こえてハッとしたところがいくつもありました。
 本文最初の5行の言葉は大変に重く受け止めました。とても一言では書けない反省と決心があります。
 川の瞑想と共に、このブログと「国の理想と憲法」を繰り返し読みます。
 書きたいことが沢山あるので、また書きます。とくに10の文章は大変分かり易く、ネホサをよく理解させてくれる(そして猛烈にワクワクします)ので、次は10についてコメントを書きたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム