プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

平和な世界は簡単にできる  その9

平和な世界は簡単にできる  その9
(その8からのつづき)

ネホサの考え方は非常に単純ですから、従来の固定観念に縛られて、そんな簡単にはできないだろうなどと躊躇したり傍観しているのではなく、「必ずできる!」という信念を持ってやっていけばよいのです。そうするからこそ、必ず成就するのだと僕は確信しています。

ネホサについてよくある意見は「ネホサの考え方は空想的で現実的でない」という意見です。

では、これまでのデモや選挙などのいろいろな社会的活動や、国会の場を含めていろいろなレベルでの議論や意見の交換や応酬によって、果たして、憲法、自衛隊、戦争、原発、教育、福祉、医療など、社会的に重要な問題が“根本的に”解決したという事例はあるでしょうか?

懸命な努力によって、何かの社会的問題が部分的に改良できたり解決したという事例はあるでしょう。そういうことから、「どんな重要な社会的問題でもそのような努力を一歩一歩積み重ねることによって、根本的な解決に至るのだ」という意見があるのでしょう。しかし、一歩一歩の努力の積み重ねによって、深刻な社会的な問題が解決した事例があるでしょうか?

ただの一つもありません!

「だからこそ、もっとみんなが真剣に取り組むようにしならなければならないのだ」と言うのでしょうが、そう言い続けながら、戦後73年も経っているのに、はっきり言って、何も変わっていないどころか、ますます、事態は深刻になっているという事実について、それらの方々は一体どのように考えているのでしょうか?

きっと、「だからこそ、もっともっと努力する以外にはないのだ」と、これまでと同じ方向で“頑張って”行かれるのでしょう。

僕は「それこそ非現実的な考えなのだ。深刻な社会的な問題を解決するためには、これまでのやり方、考え方ではダメなのだ。それこそ、戦後73年の歴史によって証明されているのだ。だからこそ、これまでとはまったく次元の異なった考え方ややり方ではならないのだ。その点で、ネホサの考え方こそもっとも現実的で確実だ」と思います。

これまで頑張ってこられた方々には心から敬意を表したいと思います。けれども、大変失礼な言い方ですが、これまでの考え方やり方だけではダメなのだということに、気づいてほしいと念願しています。そして、ここで提案しているネホサの考え方の真意を固定観念や思い込みを外して、理解していただければと心から願わずにいられません。

平和な世界の実現は
  簡単に容易にできる
  誰にでもできる
  主役は自分
  ワクワクしながらできる

この考え方・やり方は
  どんどん広まり効果が出る。

この考え方・やり方には
  対立するものがない
  何も犠牲にするものはない
  生活のスタイルを変える必要がない

この考え方・やり方で
  人づきあいがもっと楽しくなる
  友達がたくさんできる
  生きていくのが楽しくなる
  仕事や勉強が楽しくなる
  幸せな人がどんどん増えていく
  
もし、こんな魔法のような世界平和実現方法が本当にあったら、あなたはやってみたいと思いませんか。それがネホサです。

(つづく)






←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 平和な世界は簡単にできる  その10 | ホーム | 平和な世界は簡単にできる  その8 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム