プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

徳川家康とタバコール

徳川家康とタバコール

「人の一生は、重き荷物を負うて、遠き道を行くが如し。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。」

この句は徳川家康の辞世の句であると言われています。その真偽はともかく、この句に対する感想は人それぞれだと思います。

では、次のような辞世の句があったら、あなたはどう思いますか?
「人の一生は、わざわざ必要もないのに、重い荷物を背負ってあちこち歩き回っては、荷物を降ろして小休憩をしてホッとする。それもつかの間、またその重い荷物を背負ってあちこち歩き回っては、荷物を降ろして小休憩をしてホッとする。このプロセスを延々と繰り返すようなものだ。急がなくてもいいんだ。こんな苦労は当たり前のことだと思えば何の不満もない。」

「いい句だなあ!」と思いますか?それとも、「人生って素晴らしいなあ!」と思いますか?

もちろん、思いませんよね。誰でもこんな人生なんてイヤだと思うでしょう。

でも、タバコを吸う人や日頃お酒を飲む人は、上に書いたのと同じようなイヤな人生を毎日送っているのです。あっ、それから、もし日頃ヘロインを摂取していれば、その方々も同じです。

(ところで、「タバコール」というのは、僕が作った「タバコやアルコール」という意味の造語です。なぜ、このような造語を創ったかと言うと、いちいち「タバコやアルコール」と書くのが面倒だからです。タバコもアルコールも化学的な成分は異なりますが、いずれも強力な依存性薬物であり、その依存性に関しては、非常によく似た仕組みをもっています。最初はヘロインも含めた造語も考えてはみたのですが、ヘロインは非合法であり、それに対して、タバコとアルコールはいずれも合法的に市販されているために、私たちの日常生活に、ある意味で、ごく自然なものとして、溶け込んでいるので、この二つをひっくるめた名前を考えてみたというわけです。)

さて、そのようなイヤな人生を歩んでいる人は、ヘロインをはじめ、タバコやアルコールなどの依存性が強い薬物を常習的に摂取している人たちだけではありません。この社会に生きているほとんどの人は、ある意味では、同じようにイヤな人生を歩んでいます。そういう意味で、家康の「人の一生は、重き荷物を負うて、遠き道を行くが如し。」という句はまことに的確な表現だと言えましょう。

それはどういうことかと言えば、この社会自体が存在の真実はどういうことかということも知らずに、アタマで妄想したバラバラ観を基盤として構築されているために、社会のシステムはもとより、そこに生きるほとんどの人は、バラバラ観を当然のこととして生きているということです。だから、結局は、まずは、自分が、そして、自分の家族こそ、自分の仕事こそ、自分の会社こそ、自分の国こそが何よりも大切だと思っている人が大多数である社会が出来上がったというわけです。その結果、ほとんどの人が他人を苦しめ、自分を苦しめ、自分たちを苦しめながら生きています。

私たちの人類社会は狂っているのです。それをまったく別の次元から切り開いて、不可分一体観を基盤にした新しい人類社会を創ろうというのがネホサの目的です。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 再び自観法について | ホーム | 平和な世界は簡単にできる  その10 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム