プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

あるがまま

あるがまま

この世界のすべてのものはバラバラに分離して存在しているのではなく、一つの大いなる“いのち“が顕現したものである。それは、たとえば、人体のいろいろな細胞や組織や器官が一見異なったもののように見えながら、実は、互いに密接に繋がり、互いを支え合いながら、全体として一つの人体を構成し生きているのと同じであり、すべての存在はどこまでも一つのものなのである。

僕が主宰する「自覚のセミナー」を受講した方々は、この存在の真実を体得、あるいは、かなり深いレベルにおいて知的に理解し納得されていることと思います。

禅に関する本などを読むと、真実の自己は「あるがまま」という言葉に出会うことがあります。

趙州禅師は「真実の自己とは?」と問われて、「庭前の柏樹子(庭の柏の木)」と答えました。これは、一つの表現としては、「真実の自己とはあるがままの自分、あるがままの世界、あるがままの事実」と言っていると言えるでしょう。

けれども、気をつけなければいけないのは、「あるがまま」と言っても、この自分や世界のナンでもカンでも「あるがまま」で「すべてよし」ということではありません。

なるほど、たしかに、大宇宙や大自然の姿をつぶさに観察してみると、すべてが“あるがまま”で互いの存在や現象が調和して整っています。もちろん、地震や台風その他の「自然災害」はそこに生きる人間やその他の生物にとっては大変困った現象であり、「調和して整っている」とは思えないかもしれませんが、地球の誕生から現在の地球環境を大きな目で観れば、地殻変動、火山の噴火その他の自然災害もさらなる調和に向かっての大宇宙、大自然の営みであることがわかります。

それでは、たとえば、戦争、各国間の対立、経済競争、あるいは、「自分さえ、自分の家族さえ、自分の会社さえ、自分の国さえよければ」という利己主義、個人個人の対立や争い、劣等感、優越感、孤独感、怒り、憎しみ、妬みその他の悪感情や苦しみなどはどうでしょうか? 

それも「あるがまま」で「すべてよし」ということでしょうか?

「それも人間、あるいは、人間社会の自然なのだから、すべてよしなのだ」という人もいるようですが、そういう人はそれらの惨めさを生で体験していないので、アタマで分かった風なことを言っているのだと思います。

そういう発言を含めて、個人あるいは人間社会の苦しみや混乱は人間がアタマで作り出したバラバラ観をはじめとするいろいろな観念によって作り出されたものです。それは大宇宙、大自然に働いている“いのちの摂理、あるいは、真理からまったく逸れているのです。

そういう意味で、人間個人、あるいは人間社会の苦しみと混乱はどこまで行っても、さらなる苦しみと混乱を引き起こします。ですから、間違っても,「あるがままで、すべてよし」などと考えるべきではありません。

「あるがまま」というのは大いなる“いのち“の摂理、あるいは、真理に沿って生きることです。それは大宇宙、大自然にはすでに顕現されています。

私たち人間は、アタマを頼りにしてバラバラ観で生きるのではなく、大宇宙、大自然に学んで不可分一体の真の「あるがまま」の生き方をしていかなければならないのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 意志と決断力と実行力 | ホーム | 盤珪禅師とネホサ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム