プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

意志と決断力と実行力

意志と決断力と実行力

今回のテーマは「決断の強さ、あるいは、実行力には意志の強さは必要か?」ということです。

世間一般ではよく「何かを成し遂げるためには、意志を強く持ってしっかりと決断し実行しなければならない」あるいは「意志が弱いとしっかりと決断・実行できないのだ」と言われます。

しかし、僕の結論を先に述べると、「決断の強さ、あるいは、実行力には意志の強さは関係ない」ということです。さらに言えば、「決断の強さ、あるいは、実行力に関係があるのは意志の明確さである」ということです。意志が明確であれば、別に強さや力は必要はないのです。

たとえば、食卓に美味しそうな饅頭が置いてあるとします。あなたはそれを食べたくてしかたがありません。でも、お母さんに「それを食べてはいけないよ」と言われました。そこで意志の力を使って食べるのをガマンしています。でも、食べたくて食べたくてしかたがありません。お母さんがいなくなったらこっそり食べちゃうかもしれません。これではいつまでガマンできるかわかりませんね。

その時に、お母さんが「それは実はネズミ捕り用の饅頭なんだよ」と言ったのです。その言葉を聞いたとたんに、あなたは「その饅頭は絶対に食べないぞ」と思うでしょう。

それは意志の力・強さというよりも、物事の是非を明瞭あるいは明確に理解したためなのです。

「自分はいったん決めたことをなかなかやり通すことができない。それは自分の意志が弱いからだ」と思っている方がとても多いように思います。そして、「何とか意志の力を強く持って」と思うのですが、なかなか思うようには行かずに自信をなくしているというわけです。

でも、心当たりがある方々に、ちょっと見方を変えて見ることを提案したいのです。

それは意志の強さよりも、まず物事の是非を明らかにして、自分の意志を明確にするということです。

そういうことをアタマにおいて、自分の日常生活を振り返ってみると、それなりに大変であるはずのことを、自分が意志の強さなどと関係なく、それほど苦も無くこなしていることが案外いくつもあるはずです。

それらのことが、それなりにきちんとこなされて実行できているのは、意志を強く持っているからというよりも、自分の意志が明確になっているからなのです。それが盤珪禅師の言われる「決定(けつじょう)」しているということです。

かなりのヘビースモーカーであっても、ヨーロッパや北米行きの旅客機で10時間もタバコを吸わなくてもパニックや暴動にならないのは、「10時間タバコは吸わないぞ」という強い意志力のためではなく、「飛行機の中では10時間はタバコを吸えないのだ」という是非を明瞭に理解・納得しているためです。ですから、「吸わない」という意志が”明確“であり、決して「ガマン、ガマン」と思って耐えているわけではありません。

このような事例は大なり小なり自分自身の日常生活のなかで他にもたくさん発見できるのではないでしょうか。あなたは決して決断力や実行力がないのではありません。

何かを成し遂げようとする時には意志の力を頼りにするのではなく、本当に何をしたいのかをまず明確にすることがポイントなのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 決定 | ホーム | あるがまま >>


コメント

それしかない

決断は意志の力ではない。本当にその通りでした。明らかになったらそれしかない!それに気づかせていただき本当に嬉しいです!一本の線をひょいっ!とまたぐ様なものですね。

軽やかに

その通り!!!

決断というものは、まさに、一本の線をひょいっ!とまたぐ様なものです。

空を飛ぶ鳥たちの様に、軽やかに自由に生きたいものです。

そこに、真の強さと美しさがあるのです。

アタマでどんなに頑張って決断したつもりになっても、まるっきり見当違いになってしまいます。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム