プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

決定

決定

「決定」は通常「けってい」と読みますが、「けつじょう」という読み方もあります。「決定する」というのは、広辞苑によれば「はっきり決めること」となっています。ただ「決める」というだけでなく「“はっきり”決める」というところにより深い意味があるように思います。

少なくとも、盤珪禅師が「親の産み付けたものは不生の仏心一つである」と“決定(けつじょう)して”と言われているのは、まさに「“はっきり”決めて」という意味であったのではないかと思います。

では、「決める」ということと「“はっきり”決める」ということとはどのような違いがあるのでしょうか?

”決める“ということの意味にはもともと”はっきり“という意味が含まれているので、本来はどちらも同じ意味だと言えますが、あえて”はっきり“と付け加えた場合には、「決めたものが絶対に不動であり、半信半疑ではなく、確信して、ブレない」という明快さにおいて決める」ということが強調されているのだと思います。

和田重正先生は禁煙しようとして、いろいろな方法でことごとく失敗したあげく、「タバコをやめるには方法はない。方法を以てしてはタバコはやめられない。タバコをやめるにはただやめればよいのだ」という天啓にも似た気づきにより、ついにタバコをきっぱりと苦も無くやめることができたそうです。そして、「その気づきにより、タバコだけでなく、あらゆることにおいて真の自由を得ることができた」とも言われています。

ここでまたもやタバコを例に説明しますが、スモーカーが健康その他の理由でタバコをやめようとする場合には、ほとんどの場合に、吸いたい気持ちを精神力でガマンして抑えつける“ガマンの禁煙”をしようと“決め”ます。でも、その結果は、それでタバコをやめられる人は非常に少ないのです。

これは、たしかに「決めて」はいるのですが、事実としては「どこまでも吸いたい気持ちを抑えつけるのだ」と決めているのです。けれども、いくら吸いたい気持ちをガマンして抑えつけようとしても、それは「タバコをやめること」を決めたのではありません。

タバコをやめるためには「タバコをやめること」を決めなければならないのです。それが「“はっきり”決める」ということです。

以上の二つの違いがわかれば、何事においても真の自由を得て、自分の能力の範囲において、何でも思うようにスイスイとできるようになります。

というか、人間はもともと真の自由が具わっているのです。タバコで言えば、スモーカーであろうとノンスモーカーであろうと、今この瞬間にタバコを自由に吸うこともできれば、吸わないでいることもできるのです。それは何事においても同じです。

人間は本来完全に自由なのです。その完全な自由において、不生の仏心でいることもできれば、それを修羅に変えることもできます。どちらでも自由に選択し決めることができるのです。決定(けつじょう)つまり「”はっきり”決める」ということはそういうことなのです。

ですから、まず、自分が何を望むのか、何をしたいのかということを明瞭にすることが重要です。そのうえで決定すればよいのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 「天上天下唯我独尊 | ホーム | 意志と決断力と実行力 >>


コメント

完璧を目指すとか、完璧にやれるようにならなければならないとか、その考え方が余計でした。
とりあえずやるのよ、とりあえずやっとこうで、今は、とりあえずいい。そんな風にすると、楽しく、ほっと、楽になりますね。

腹が立つようなら生きる資格がない。重い言葉ですが、怒りのテーマはとても今の自分に思い当たりました。
べきである、という何かそれを相手にも自分にも求めていました。
そんな禁煙も節煙もつらいです。つらかったです。

このまま不自由さを引きずって生きたいのか?
はっきりすっきりするまで検べていきます。

すでにはっきりしている

「はっきりすっきりするまで検べていきます。」

この態度、姿勢こそが問題なのです。

それ自体が完璧を求めているということです。

あなたはすでに何が本当かはっきり知っているはずです。自覚のセミナーを受講した方であればなおさらです。

ポイントは誰でもどんな瞬間においてもずっとこれからも右で行くのか、それとも、右に行くのをきっぱりやめて左に行くのかという分岐点に立っています。

あなたはそのどちらでもすっきりと選び、そこで生きていくことをきっぱりと決断することができます。誰でももともと自由なのです。

それは右の道と左の道の間にある線をひょいとまたげばよいだけです。悲壮な決断をしなければならないということではないのです。それでは精神力を使ってガマンの禁煙を決断することと同じことになってしまいます。

要するに、タバコで言えば、決断をすると言っても、本音の部分でタバコは必要だ、タバコを吸いたいと思いながら、健康に悪いと思いながらも喫煙を続けるのか、健康に悪いのでガマンの禁煙をするかの分岐点で決断するのではなく、それ以前に本音の部分でタバコは必要か、それとも、必要でないのか、あるいは、本音の部分で吸いたいのか、それとも、吸いたくないのかという分岐点で、どっちの道を選び決断するのかということなのです。

繰り返しになりますが、本当は誰でもすでにどっちの道を自分が望んでいるかを知っています。

ですから、その自然の気持ちに沿ってその分岐点にある線をひょいとまたげばよいのです。

それがきっぱり決断するということであり、決定(けつじょう)するということです。

それは少しも難しいことではありません。実生活の中ですでにあなたはそのような体験をしゅっちゅうしていることに気づいてください。

それでもはっきりしないということであれば、それはノイローゼになって一生を生きることになります。

ここまで分かれば、自分がどっちの道を心から望んでいるかはっきり分かるはずです。

その気持ちに沿ってきっぱり決定すれば、それでよいのです。あとは、自動的にすべてが真実の道に沿って展開していきます。

ただ、自分の本心に気づいて、そこで生きていくだけです。

それが決断できなければ、それは「何かを失うのではないか」というありもしない恐怖感という亡霊におびえているからです。

タバコを止めるのと同じように、真実の道を選んでも何も失うものなどないのです。それどころか得るものばかりです。

いつまでもくだらないアタマの妄想に引きずられて一生を終えることほどツマラナイ人生はありません。

それでもそんなツマラナイ人生を生きたいですか? ここをはっきりと確認することです。

この文章を読んだ今が人生の中でもっとも大切な決断をする時です。

でも、そのために今までのように悲壮になることではありません。楽な気持ちで、でも、自分の全身で、全人生をかけて、きっぱりと決断するのです。

決定するということはそういうことです。

今この瞬間に「親からいただいたものは、不生の仏心、まごころだけ」という存在の真実をしっかりと確認して決定するのです。

それ以外にはありません。そうでなければ、一生ノイローゼで生きていくことになるでしょう。

今が人生で一番大切な時です。決定を先延ばしをしてはまた同じことの繰り返しになります。

すべては自分が決めるのです。




あなたはどっちの道も自由に選ぶことができます。


ありがとうございます。

ずっと一貫した大切なテーマを読ませて頂き 
何事も明らかにして真心一心で生きることで 
身体も本当にしっかりしてきました。
ありがとうございます。

50年喘息をやってきましたが 自覚と整体に出逢い 
治療薬をはじめ、あらゆるタバコールが必要のない
心と身体に整ってきています。
それには自分が一番 驚いています(笑)

いつも 真心ひとつのいのち 
いのちの摂理にそって生きていきます。
それが当たり前で 
それがどれほど清々しいことか 

もちろん これまでのネガティブな癖も
出ることがあります 
でも 必要以上に振り回されなくなり 
いつも人生に輝きがあります

その体験を自分の表現、仕事を通して伝える術を高め
平和に貢献する仕事をこれから晩年にむけて
取り組んでいきたいと節に願っています。

言い方がおかしいかもしれませんが 
ネホサを生きます。

絵を描く本当の楽しみが出てきました。
本当にありがとうございます!

決めたら決まる

昇平先生、ありがとうございました。
決める、というただそれだけなのに、どうしてそう出来ないのかと、ずっと思っていました。
どちらがいいか、ただそれだけですね。
頑張ってやらなきゃというのが癖づいていましたが、決めるということは、そういうことではないんだということが分かりました。
決めたら、変えようがない、変わりようがない、というのがよく分かりました。
こういうことかと、腑に落ちました。
今は、浮かんでくる思いも、それは思いだよとはっきり区別がつきます。
決めたほうで、やっていきます!

「決定」という事をまたお話頂いて、腹が立ちそうになったり何か嫌な気分になった時、自分は何がいいのか、どう生きたいのかを確認するようにしてみましたら、そういった感情は自分が違う方向に行ってしまっている警報に過ぎなかった事、本当は悪い事など何もないという事に改めて気付きました。
最初から決まっていたものをただ確認すれば良かったのだと思いました。
ありがとうございました。

確認とは

マーサさんの「警報」という言葉、なるほどと思いました。日常に戻ると色々あります。正直思いに振り回されそうになることもありますが前よりずっと静かに観ていられます。無いものに引きずられていた自分がバカでした。

その通り


まさに、その通り!

いいぞ!


昇平さん、ありがとうございます!私の中で静かに戦争が終わりました。存在の真実に気づけば世界の戦争もこうして静かに終わるのですね。本当に嬉しいです!まだ知らない人にも是非この存在の真実を知って欲しいです。自覚のセミナー中の方たちも諦めないで最後まで乗り切れば世界が変わります。本当に凄いです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム