プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

「天上天下唯我独尊

天上天下唯我独尊

「天上天下唯我独尊(てんじょう・てんが・ゆいが・どくそん)」とはお釈迦様が悟りを開かれた時に、思わず発せられたお言葉だと言われています。その文字通りの意味は「この世界においてただ自分一人が尊い」ということです。

この言葉を巡ってはいろいろな解釈があるようですが、今回は僕の存在の真実の体験を通して、この言葉の真の意味について書いていきたいと思います。

もちろん、この「天上天下唯我独尊」というのは「全世界で自分だけが尊く、他の者はみんな卑しい」というような、バラバラ観の中での優劣の話をしているわけではありません。
「尊い」という言葉はそのような浅薄な意味で言われているのではありません。

では、本当はどういう意味でしょうか?

それは、「この世界には自分しかいない。他には誰もいない」という真の事実を言っているのです。

では、他の人は? たとえば、家族や何々さんたちはいないの? とてもそんな風には考えられないと思われるでしょう。でも、本当に、自分以外は誰もいないのです。

それでも、他の人は? と聞きたくなるでしょうが、他の人はこの自分の中にいる。自分の中にすべての存在があり生きているのです。分かりやすく言えば、「自分の中にこの世界・大宇宙があり、すべてが存在している」ということです。

真の事実は、自分は、英語で言う、「ワン・オブ・ゼム(one of them)」、つまり、大勢の中の一人ではありません。この世界には自分しかいないのです。だから「我一人尊い」のです。

別の言い方をすれば、「自分がこの世界の主人公である」ということです。誤解を恐れずに言えば、「自分は自分という王国(全世界・全宇宙)の王様である」ということです。だから、自分の生き方はすべて自分で決めることができるのです。

と言っても、他の人の考えや意見を無視してもよいと言っているのではありません。自分は他の人の考えや意見を無視することもできますし、尊重することもできます。どちらでも自由にできるのです。その完璧な自由に立って自分がすべてを決めるのです。

もちろん、すでに起きてしまった状況・事実そのものを変えることは絶対にできませんが、自分がすべてを決めて生きていくことができるという自由がもともと具わっているということです。

実は、その真実を自覚しているかどうかにかかわらず、すでに誰でもそのように生きています。

つまらない、嫌だ、嬉しい、楽しい、などなど、どのように思っているかに関わらず、決めているのは自分なのです。

たとえば、すでに起きてしまったことを悔やみながら生きることもできます。人が自分の思うようなことに反するようなことを言ったりしたとき、腹を立てこともできます。「あっそう」とさらっと事実を受け止めることもできます。


このありのままの世界を真の意味で楽しく、積極的に生ききれるかどうかは、すべて自分次第なのです。

自分という存在は、無限の宇宙の歴史のなかで、ただ一人しかいません。その自分を、そして、すべての生きとし生けるものを幸せにできるかどうかは, な!なんと!まさに自分一人にかかっているのです。

だから、「天上天下唯我独尊」なのです。

自分を本当に大切にする人だけが周りの人を幸せにできるのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 軟膏と発疹 | ホーム | 決定 >>


コメント

ありのまま

考えてみると生まれて此の方、
ボクは自分しか生きたことがありません。
自分しか体験していません。 

天上天下唯我独尊

ボクは自分劇場の主人公であり続けています。
そこで起こるどんな出来事も 
自分が選択できる状況にあることに
気づかせていただきました。

完璧な自由

ネガティブを選ぶことも 
明るく積極的に生きることも 
この手にあることを実感しました。

私が私を選んで私をやってる。(笑)
いのちが私をやってる。。

何を選び、何をやるか 右か左か。
ありのままのいのちに沿って
私をやっていきます。

生きとし生けるものを
幸せにできるのかどうか 

その自分で 何をするのか 明日から 
それを深くいのちに刻み
学びたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします

これでいいのだ!

自観法のおかげで自分が全く境なくひとつのいのちなんだと実感するようになりました。

本当にこれしかないんですね。

それで最近のブログを読むと「あ、そうだよね」とすんなり腑に落ちます。

私はいつだって自由です。
これまでもずっと自由でした。
だからどんなことも周りのせいではありません。全部自分で決めてやっていることです。
なんだかとってもスッキリしました。

私は自分を大切にしたいし、周りも幸せにしたいと心から思います。
だから思う存分、そうしていくのだ!


すべてよし!

それでよし!!!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム