プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

軟膏と発疹

軟膏と発疹

皮膚に発疹が一粒できて痒い。
軟膏を塗るとその即効性作用で痒い発疹が消えホッとする。しかし、軟膏の遅発性作用で再び、しかも、発疹が二粒現れ痒い。
そこで、軟膏を塗るとその即効性作用で発疹が消えホッとする。しかし、軟膏の遅発性作用で再び、しかも、発疹が三粒現れる。
このサイクルが延々と繰り返される。たしかに軟膏を塗った時には発疹が消えてホッとするのであるが、そのたびにその後発疹が増えて痒い。

真実は、軟膏を塗るとそのたびに一時的に発疹は皮膚の下に隠れ痒みも消えるのであるが、発疹は軟膏を栄養として繁殖し再び皮膚の表面に現れてくるのである。
つまり、軟膏には発疹を消してしまう効果などまったくなく、軟膏はただ発疹の栄養源となって発疹を増殖させているのである。

発疹が増える原因は軟膏なのである。だから、痒い発疹を消してしまうためには、ただ軟膏の使用をやめればよい。軟膏を塗るのをやめれば、発疹は栄養源をなくし、短期間のうちに萎(しぼ)んで消えてしまう。

ただ、軟膏と発疹のカラクリを理解して、軟膏の使用をやめればよい。だから、軟膏の使用をやめるのに精神力(ガマン)はまったく必要ない。

痒みに関しては、小さな痒みでも、それを掻けないと思うと、痒みが心理的に増幅される。しかし、「この痒みは掻く必要がない。掻かなければすぐに消えてしまう」ということをはっきり納得したうえで掻かなければ、痒みは気がつかないうちに本当に消えてしまうものである。

以上のカラクリはタバコにもそっくり当てはまる。たとえば、タバコを吸うたびに、ニコチンの即効性作用によって、ニコチン切れのストレスとニコチン(タバコ)を求める渇望感が一時的に解消されてホッとするように思える。が、事実は、ニコチンの遅発性作用によって、ニコチン切れのストレスとニコチンを求める渇望感がより増幅されて現れる。すなわち、ニコチンはニコチン切れのストレスとニコチンに対する渇望感という不快感を引き起こすのである。

ニコチンに対する渇望感を満たすとホッと感じる。その感覚を求めニコチンを求める渇望感が生じる。しかしながら、喫煙のトリックを充分理解すればこのタバコを吸いたいという気持ちは完全になくなる。吸いたい気持ちがなくなれば、吸うのをやめるのには意志の強さなど関係がない。ただやめればよいのだ。

喫煙生活はほんの一時的に不快感が中断するのを楽しみに(と言っても、これは本当の楽しみとは言えないが)、ずっとストレスと渇望感という不快感の中で生きていくということである。

この喫煙のカラクリを充分に理解したうえで、納得して、タバコをきっぱりと止めれば、その瞬間からタバコを吸いたい気持ち・渇望感も消える。実は、もともとニコチン切れのストレスそのものは小さなものなので、その瞬間からノンスモーカーとして快適にすっきりと生きていけるのである。この原理は飲酒にもまったく同様に当てはまる。

実は、タバコやアルコールだけではなく、私たち、あるいは、私たちの社会の苦しみの多くは喫煙や飲酒と同じようなカラクリによって引き起こされています。その事実に気がつくことができれば、私たちはもっともっと楽に自由に生きていくことができるでしょう。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム | 「天上天下唯我独尊 >>


コメント

カラクリを見破る

皮膚疾患の経験があるボクはアトピーや湿疹で痒みが酷いと、掻き崩すほど掻いてしまうことがあります。一度はじまると止まらなくなります。掻いていると気持ちいいのか、痛いのかわからなくなり血が滲むことすらあります。
でも痒くなったとき、それを放っておくと、自然と治まる経験をしたことがありました。

「掻く必要がない。掻かなければすぐに消えてしまう」

ことをを本当に実感しています。どちらを選択するか。
事実がわかれば、ただそちらに沿っていけばよいだけ。
今回の「自覚のセミナー」でその事実をより鮮明にすることができました。

タバコ、アルコール。ほかにも複雑なカラクリによって、私たちは知らない間にラベルを貼り、思い込んでいることが沢山あるようです。
事実を知れば楽に自由に生きていける。
本当にその通りだと思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム