プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

整心

整心

整心(せいしん)とは僕が作った造語です。その意味は「本来の心(真心)ですべては整う」ということです。

ところで、仏教でいう「悟り」ということの意味は、手元の広辞苑によると、「心の迷いを去って真理を体得する。煩悩(ぼんのう)を脱して涅槃(ねはん)を得ること」となっています。ちなみに、「涅槃」とは「煩悩を断じて絶対的な静寂に達した状態。仏教における理想の境地」となっています。

「本来の心(真心)ですべては整う」という意味は、「悟り」という言葉を使って言い換えれば、「私たちはみんなすでに“悟っている”」ということです。

「えっ!?」と思われたかもしれませんが、決して、詭弁やこじつけで言っているのではありません。僕は本気で「私たちはみんなすでに“悟っている”」と言っているのです。その真意を分かりやすく説明しましょう。

37億年前にこの地球に最初の生物が誕生して以来、私たちの先祖は数多くの想像を絶する困難と危機を乗り越えながら、天文学的な回数“いのち”を世代から次の世代へと1回も途切れることなく繋いで進化を重ね今日の私たちに至っています。

ということは、この進化の頂点にいる私たちひとり一人の人間はどんな困難や危機をも乗り越えることのできる最強の能力をすでに備えているということです。

たとえば、人間の体にはもともとそれ自身健康を保ち、自らを整える強力なハタラキ・自然治癒力が備わっています。現代では私たちの自然治癒力を過小評価する風潮が非常に強くなっていますが、37億年もの間、薬や何か外部の手助けに頼ることもなく、幾多の困難を乗り越えながら、たえず進化を繰り返した私たちの体はそんなヤワであるはずがありません。

その真実を豊富な実践をもって証明し説かれたのが野口整体の創始者である野口晴哉先生です。野口先生は「整体」ということを説かれました。整体とは「体は自ら整うようにできている」。すなわち、私たちの体にはもともと自らを整え健康に生きる充分な能力がすでに備わっている」ということです。ですから、私たちはそのハタラキに全部任せさえすれば、楽に健康に生きていくことができるのです。

体と同じように、”いのち”が顕現した一元絶対、不可分一体の世界においては、”いのち”である私たちの本来の心(真心)に全部任せれば自ずから自分も整い、周りも含めて、一切のことが整ってうまく行くようになっているのです。

ここで、「では、どうしたら真心で生きていけるのか?」と思う人もいるかもしれませんね。

それは、実に簡単です。もともと真心しかないのですから、「真心しかないのだ」だと決定(けつじょう)して、真心でいればよいだけです。

怒り、恐れ、嘆き、落ち込み感、優越感・劣等感、好き嫌い、対立観、所有観、ケチな根性・身びいきなど、二元相対的にしか思考できないアタマで後天的に身に付けてきたバラバラ観が出てきても相手にしないのです。

「そう言われても。それが難しいのだ」というような人は自観法をマメに実修することです。そうすれば、そのうちに、いつでも真心でいることができるようになります。




←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 不生 | ホーム | けつじょうと真の自由 >>


コメント

ただそれだけ!

「では、どうしたら真心で生きていけるのか?」
それは、実に簡単です。もともと真心しかないのですから、「真心しかないのだ」だと決定(けつじょう)して、真心でいればよいだけです。
アタマが後天的に身に付けてきたバラバラ観が出てきても相手にしないのです。

「そっか、それだけだったんだ!」
つい忘れがちな自観法。
これからマメに実修します。

不可分一体の世界、真実の本来の世界。そこで生き全てを任せれば自分も整い、周りも含めて一切のことが整ってうまくいくようにできている。まさしくネホサの動きの原動、根底ですね。ここに立つ、決定!

アタマを相手にしない

「アタマを相手にしない」
していないようで、していた。だからいつも昇平さんが繰り返し丁寧に私たちに伝えて下さる。
アタマを相手にしないことで、世界がどばあーーっと広がる。すべてがつながっている、ひとつだとわかる。
わかっていっている。一方で、バラバラ観も出てくる。
そしてわかる。…を繰り返している。
アタマは薄らいできているようでもあり、際立ってきているようでもある。

アタマを相手にしない。もう一度、確かめます。

思い出しました

「人間の体にはもともとそれ自身健康を保ち、自らを整える強力なハタラキ・自然治癒力が備わっています」

娘が幼稚園のとき肺炎になったことを思い出しました。

3週間熱が上がったり下がったりが続いていたのですが、薬に頼ることなく
体の自然なはたらきにまかせて3週間ほどでよくなっていきました。
その時、彼女は幼かったせいもあり、焦ったり、心配したりすることもなく、ただ状況を受け止めていました。
心も体も自然に整っていくということは本当にその通りだと思います。
先生の「整心」を読んでやはりこれでいいんだな。と、改めて思いました。6320

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム