プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

不生

不生

盤珪禅師は「親が産み付けたのは不生の仏心ひとつである。仏心は不生にして麗明なものである。だから、不生の仏心で一切の事が整うのである。一切の迷いは身のひいきから生じる。迷わないのが悟りである。だから、常に不生の仏心ひとつでいなさい」と説いています。

盤珪禅師の言う「不生」とはどういう意味か、僕は本人ではないので、これと断定はできないのですが、以下、僕なりに推測したものです。

「不生」と言うと、まず、「不生不滅」という言葉が思い浮かびます。盤珪禅師は「不生」、つまり、「生まれないもの」は滅することはないのだから、わざわざ、「不滅」と付け加える必要はないと言っています。

ということは、「不生」とは「不生不滅」を略して言っているのだということになりますが、僕にはそれだけが盤珪禅師が使った「不生」の意味ではないように思えるのです。

盤珪禅師は「この世界は不生が顕現したものである。つまり、この世界の本質は不生である。すなわち、この世界は現象界(生まれたもの)である。それに対して、この世界の本質は不生(生まれないもの)である」と言っているのでしょう。

さらに、付け加えれば、「この世界(現象界)においては、一見、それぞれのものが生滅(生まれたり滅したり)しているように見えます。それに対して、この世界の本質は不生不滅である」ということなのでしょう。

ただ、「不生不滅」と言うと、生滅する世界が顕現した後で、生滅を否定しているような感覚として捉えられかねないので、「この世界が顕現する“以前”の何もないもの」という意味をはっきり伝えるために「不生不滅」ではなく、あえて、「不生」という端的な言葉を使ったのだと僕には思われます。

盤珪禅師の言うように、存在の真実を本当に悟りもしないで、“不生不滅”という言葉だけを覚えて、分かった風に「不生不滅、不生不滅」と言ったり、理解されることを避けたかったということも確かにあるのでしょう。

この現象界においてはすべての存在は私たちの五感と大脳(アタマ)を通して認識すると、一見、すべてのものがバラバラに存在し、生滅しているように見えます。しかしながら、この世界の本質は不生であり、その働きによってこの世界が存在しているのです。つまり、この世界はバラバラなものが寄り集まってできたのではなく、不生不滅の不可分一体の世界なのです。

ですから、この不可分一体の世界は、人間のアタマの錯覚や妄想で作りだしたものを除いて、麗明な不生のハタラキによってすべてが互いに調和して自ずから整っているといます。

「不生の仏心」についてもまったく同じです。私たちひとり一人の本質は不生の仏心だけなのです。体、知識や知恵、マイナス感情などその他のものはすべて後天的に身に付けたものでしかありません。ですから、不生の仏心で自分も、周りも、一切のことが自ずと整うようになっているのです。

本当の自分はこの世界を在らしめている不生ですから、何が起こっても決して変わることはありません。だから、何も心配することはないのです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

<< 自覚のセミナーの感想文について | ホーム | 整心 >>


コメント

決定されている諸先輩方に自分の疑問を問うことで、左の世界で生きるということが、ようやくハッキリと分かりました。とても心が軽やかです。

自覚のセミナーを受けて、自分は左の世界で生きているような、右の世界で生きているような、どうも腑に落ちない感じでしたが、いや、自分は左で生きているはずだと思い違いをしていました。

真実は、全く違いました。

次元が違うとは、そういうことかと。

カラダは整うようにできている、すべては整うようにできている、と先生方にあれほど言われていたのに、、、

ようやく気がつきました。

兎にも角にも、決定し、いつでも中心でいること、瞑想を深めます。これに尽きるかと。

世界中の人がみな幸せであり平和な世界を願い、不可分一体の世界を感じながら生きていけることが嬉しいです。

いのちの世界は整うようにできている。その時を夢みていると、わくわくドキドキ、おもわずニコニコしてきます。

一人でも多くの人が自覚のセミナーを受けられるよう、本当の世界に気がつけるよう、心から願います。

この麗明なハタラキこそ。

生き方が決定的に間違っていました。

なぜ身びいきになってしまうのか。
それはクセが出たからでも何でもなかった
自分とは何かがはっきりわかっていなかった。

私の大元は、すべてを動かしている働きだった。すべて同じハタラキ。すべてがひとつだ。これまでもこれからもこれしかないんだ。わかった!
生きているのも死んでいくのも同じハタラキだった。
このハタラキは目には見えないけれど確実にあることはすでに何度も体験済み。
そう、心も体も整えてくれるあのハタラキ。整った後のものが自分だとずっと思っていた。
でももっと自分は大きかった。強かった。

もう怖いものはない。
何があっても大丈夫。
そのままで生きていきます。




ただやります!

昇平先生への愉気、予約します。

アタマの人はやめます

身のひいきをして自分をかばっても
何のメリットもない。断じてない。
それどころか全く逆だった。

私は明るく楽しく、みんなと仲良く、
みんなを笑顔にしたい、みんなを幸せにして自分も幸せになりたい。
これが紛れもなく正真正銘の私の本体の願いです。

それなのにバカなアタマに惑わされ、
なんとくすんだ日々を過ごしてきたことか!

自分をかばっていたつもりで本当の願いからどんどん遠く離れていっていた。
自分を大切にするどころか自分を蔑ろにしていた。

先生方は、自分を粗末にするのはやめろと言っていたんだ。
その愛情がわからなかった。

もうこんなことは絶対にやめる!

夢に向かって明るく楽しくさわやかに生きると決定する!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム