プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自己と世界

自己と世界

突然ですが、宇宙の中心はどこにあるのでしょうか?

現在の宇宙物理学では、宇宙の中心はどこにあるかは言えないというのが大体の考えのようです。

でも、それは、いわゆる、“客観的な”考え方です。つまり、自分を含めていろいろなものが存在している宇宙という一つの世界、というか、舞台のようなものを想定して、その舞台の中心はどこであるかと考えているのです。ついでに言えば、自分を含めていろいろなものがそれぞれその舞台のどこに位置しているかを考えるというわけです。

一方、“主観的な”考え方は、要するに、自分がどう思うかということです。ですから、自分が舞台の中心は、たとえば、舞台の中にあるあの松の木の幹の中心だと思えば、そこが舞台の中心であるということであり、舞台の中にあるイスが中心だと思えば、そこが舞台の中心であるということです。

こう考えてみると、主観的な考え方は客観的な考え方に比べると普遍性がないような感じがするのは事実です。実際に、日常的にも、「それは君の主観的な考え方であり、客観性がないよ」などという場面に出会うことが結構あるのではないでしょうか?要するに、主観的な考え方は、単なる“思い“にすぎなく、事実そのものではないということなのでしょう。

では、客観的な考え方は事実そのものに立脚していると言えるのでしょうか? つまり、客観的な考え方だからと言って、その考え方が果たして事実そのものを正しく述べていると言えるのでしょうか? 

たとえば、昔の人は太陽が地球の周りの廻っていると考えていました。昔はそれが、いわば、客観的な考えだと思われていたのです。でも、現代ではその考えは間違っていることが分かっています。バラバラ観も間違った考え方の一つです。けれども、現代でもほとんどの人がその考え方を客観的な事実だと勘違いしています。

このように考えてくると、主観的考え方でも客観的考え方でも必ずしも事実を正しく表すことはできるとは言えないようです。

実は、ここまでが今回のブログの前置きです。僕はこの自分というものと自分が生きる世界とを二つに分けてはいません。ひとつしかないのです。どういうことかと言うと、ここに確かに自分がいるのですが、その自分が、すべての存在を含んで、ずっと世界中、宇宙の果てまで(宇宙に果てがあるのかわかりませんが)繋がっているのです。

俺の世界は俺の周囲を廻る
俺は此処にいる
動かない

これは野口整体の創始者である野口晴哉先生の言葉です。“俺”と“世界”の二つに分かれているのではありません。“俺”と“俺の世界”、つまり、すべて“俺”なのです。

尽十方世界は是れ沙門の全身
(全宇宙が道を修める自己の全身である)

これは昔の中国の長沙景岑禅師の言葉です。何だか大きな悟りを開かなければ分からないような深遠な境地と思われるかもしれませんが、これこそ主観・客観を超えた僕の実感とまったく同じです。

でも、この存在の真実に気がつくのは決して難しいことではありません。誰でも先入観なしに静かに自分とその周りを見回してみれば、自分がこの世界の果てまで広がっているのを容易に感じることができるのです。

本当に誰でも天上天下唯我独尊の存在なのです。





<< 星の王子さまアレコレ その1 | ホーム | 不生で生きる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム