プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

星の王子さまアレコレ その3

星の王子さまアレコレ その3
(その2のつづき)

王子さまは王様に「それで、僕の夕日はどうなるの?」と尋ねます。

王様は答えます。「もちろん夕日を見ることが出来る。わしがそのように命令するのだから。でも、ちょっと待ちなさい。何でも条件が整うまで待つというのがわしの統治のコツなのじゃ。」

王子さまが尋ねます。「条件が整うって、いつ?」

すると、王様は分厚い暦の本を調べて答えます。「う~んと、それは今日の夕方の7時40分じゃ。その時になれば、わしの命令がいかにちゃんと従われるかがお前にわかるであろう。」

王子さまは急に興味がなくなり、再び旅に出ようとします。

すると、王様が「待ちなさい。お前を法務大臣に任命しよう。」と言います。

王子さまは尋ねます。「でも、法務大臣って言ったって、一体誰を裁くの? この小さな星には他に誰もいないじゃないですか」

王様は答えます。「この星のどこかで時々ゴソゴソと音がする。きっと年取ったネズミがいるはずだから、それを裁けばよいだろう。」

それに対して、王子さまは答えます。「僕は他の者を裁くのなんかイヤです。」

すると王様が言います。「では、自分自身を裁けばよいだろう。それが一番難しいのだ。他の者を裁くよりもずっと難しい。自分自身をきちんと裁くことが出来たら、お前は本当の賢者になるであろう。」

*** この部分はまったく王様の言う通りです。私たちは他の人のことはしょっちゅうアレコレと厳しく批判する傾向があるのではないでしょうか。そのくせ、自分自身のこととなるとどこまでも甘いのです。

このような心境の根底に一体何があるのでしょうか? それは、結局、どこまでも身びいきで、自分さえよければというバラバラ観・ケチな根性の極致ではないでしょうか?

他人事ではないのです。このブログを書きながら、あらためて、僕自身大いに心しなければならないと感じています。

ところが、反対に、病的なほど自分のことばかり責めている人もいます。これも大きな問題なのです。実は、注意深くその深層心理を洞察してみると、何と!実は、それは自分自身を責めることによって、逆に、自分自身の心の安定を得ようとする、じつに、むなしい努力の姿なのです。

しかしながら、こういう心理もバラバラ観から生じていることが分かります。要するに、自分と他人の違いを意識しすぎて、それだからこそ、自分自身を大切にしようという過剰な思い、つまり、ケチな根性がそのような心理を生み出しているのだと推察されるのです。

でも、そこから脱却するには、自然全人みな一体という存在の真実に気がついて、そのままの不生でいればよいのです。


ついに、王子さまは、王様が「待ちなさい」と止めるのを振り切って旅に飛び立ちます。

その姿を見た王様が急いで大声で叫びます。「お前をわしの大使に任命する!」

星空の旅をつづけながら、王子さまは自分自身に何回も何回もつぶやきます。

「大人って、本当に奇妙だなあ!」

*** 大人も昔はみんな子どもだったのです。その時は、みんな素直で無邪気な子どもでした。もともと不生で生きていたのです。だから、大人になっても不生で生きることは簡単なのです。





<< 星の王子さまアレコレ その4 | ホーム | 星の王子さまアレコレ その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム