プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ネホサがなぜ必要なのか

ネホサがなぜ必要なのか

ネホサの目的は最終的にはみんなが幸福で平和な世界を実現することです。

このように書くと、
みんなが幸福? もちろん、そうなればいいけど、そんなことありえないでしょ! 
世界の平和? そんな大きなこと! 一体自分に何ができるの? そんなことを考えるよりも、私がほしいのはごくささやかな幸せなんだよ。

このように思われる方がほとんどかもしれませんね。

でも、あなたに子どもや孫がいるとしたら、あるいは、あなたが将来結婚して子どもができ、そして、いずれ孫ができるとすれば、このまま何もせずに、何もはっきりした手をうたなければ、子どもや孫たちの代で戦争や環境破壊、あるいは、食糧危機などで苦しまなければならなくなる可能性はとても大きいということを知っていますか?

それも大切なのですが、あなたが現在の日本で平均的な生活をしているとしたときに、その生活を享受しているのは発展途上諸国の人々の飢餓や食糧不足、貧困などの犠牲の上に成り立っていることをご存知ですか? 

また、あなたの生活そのものが地球環境破壊を引き起こしている主要な原因だということを知っていますか?

こんなことを言うと、まさか、そんなこと!? と思われる方が結構いらっしゃるのではないでしょうか? 

でも、それが事実なのです。

先進諸国、特に、日本に住んでいる私たちは、例えば、地球規模での環境破壊の犠牲者ではなく、私たちが被害者であり、同時に加害者なのです。

でも、そんなこと知らなかったでは済まないのです。

だからこそ、私たちは事実を知るということがまず大切なのです。知らないからこそ、自分にはまったく関係のないことだ、とか、自分のせいではない、とか、自分に何をしろというのだ、などという言葉や気持ちが出てくるのです。

地球が危機的状況にある? そんなこと知らねえよ、と言って、発展途上諸国の人々を苦しめ、自分の子供や孫、そして、この社会のみんなを苦しめているという事実に真剣に向かい合うことが必要です。

事実を知らないからこそ、無関心な態度になるのです。事実は、今日ではネットや書物でいくらでも容易に知ることができます。

もう一つ大切なことがあります。もうお上信仰はやめましょう。みんなが何もいっていないからきっと大丈夫なんだ、何も問題はないんだろうなどと考えて生きていてはかけがえのない人生がとんでもないことになってしまいます。

まずは自分が大切? いや、それよりも、まず自分の家族が大切? そんな考えでうまくいくと思いますか? みんなが同じような考えで生きていけば、結局は、それは奪い合いの世界、うまいことをやったもの勝ちの世界ということであり、そんなことをこれからもやっていこうとすれば、あなたを含めたみんなが開き直ってこの世界を破滅に引きずり込んでいくことになるのです。

今こそ私たちはまず目を逸らしていないで、積極的に事実をはっきりと知り、そのうえで、自分は、自分たちは何ができるのか、政治の在り方はどうあればよいのかと真剣に、かつ、誠実に取り組んでいく必要があるのです。

それが本当の意味で、自分を、自分の子供を、孫を、家族を、そして、みんなを大切にするということなのです。





<< なぜ平和な世界を創ろうと思わないのか | ホーム | 社会市民として >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム