プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

自分ってなんだろう

自分ってなんだろう

自分はと何か?と自分自身問うて、名前を言ってみても、人間だ、男性だ、女性だ、日本人だなどと言っても、自分の周りのことをアレコレ述べているだけで、自分そのものを「コレだ」と表してはいません。

では「自分はこの大宇宙のすべてにずっとはたらいている大いなる“いのち“である」というのはどうでしょうか?
 
それはそれで間違ってはいません。しかし、それは自分についての概念的な“説明”にすぎず、「自分とは何か?」という問いに対する生(なま)の答えではありません。

仏教の第一の目的は、少なくとも過去においては、この生の真実の自己を悟ることであり、多くの出家者がその悟りを目指して血の出るような修行を続けました。しかし、悟りを得ることは決して容易なことではありませんでした。

というのは、上に述べたように、私たち人間はどうしてもアタマに頼り、観念的にいろいろな外的ラベルを貼ってそのラベルを自分だと思い込んだり、あるいは、概念的な説明を持って真実の自己が分かったつもりになる傾向が非常に強いからです。

で、結局、「自分とは何か?」という問いに対する生の答えは何でしょうか? 実は、自分は自分を知ることはできないのです!!

わたしたちは対象化したもの、つまり、自分でないものだけを「それはこういうもの、ああいうもの」と知ることができます。たとえば、Aは自分でないBを対象化して知ることができます。しかし、AはA自身を対象化することはできないので、AはA自身を知ることはできないのです。

たとえば、眼は周りのものを見ることはできても、眼自身を見ることはできません。それと同じように、自分は自分以外のものを知ることはできても、自分自身(生の自分)を知ることはできないのです。

また、「自分は何か?」と自分に問いかけるということ自体、自分をアタマでイメージで空想して、自分を対象化しています。でも、対象化されたイメージとしての自分は生の自分ではありません。何しろ「自分は何か?」と問いかけているもの自体がその答えなのですから。

生の自分とは対象化することのできないものであり、これだと言って対象化したら、それはもはや生の自分ではありません。仮にこれだと摑まえたと思っても、それは観念の自分にすぎません。生の自分(自己)とは見たり聞いたり、「自分とは何か?」という問いかけるハタラキそのものであり、そのようにハタラク実体はないのです。

昔、中国で、懐譲は六祖慧能禅師にはじめて相見したとき「お前は何者か?」という意味の問いに答えられませんでした。しかし、それをテーマに厳しい修行を8年間続けます。

そんなある日忽然として悟ったのです。早速慧能禅師に相見して答えます。

懐譲:「説示一物即不中:これがそうだと、どのように言ってみても真実に的中させることはできません。」

慧能禅師:「汝(なんじ)徹せり。」

この世界の中に自分というカタマリがあるという分別で勝手に構築した世界像と自己像が突然脱落して、すべてが素通しの世界にただ自分という意識とハタラキだけがあることに懐譲は気がついたのです。

二人とも超かっこいいですね。





<< 山は山 水は水 | ホーム | 意識点から自覚点へ >>


コメント

先日のセミナーで「意識点と自覚点」、「自分とは何か?」のお話を聞いて、すっと腑に落ちました。ブログを読んで、理解がさらに定着した気がします。

物事が無理なく運ぶときや、大事なことにハッと気づくときは、手に握っているバットをボールに当てようとしなくても、ボールのほうがバットに当たりに来てくれるような感じなんだと最近、思います。何と楽か!

それでも、つい一生懸命バットを振っていることもあったり。だからこそ、平常心是道!の大切さを痛感しています。

ありがとうございました

セミナーでお話を聞いているときは「その問うているものが自分」の言葉の意味を頭で理解しようとして、ちょっと曖昧な感じでしたが、その後、実習をしているうちに「ああ、そうか」と納得しました。

アタマは本当にジャマだー。

はっきりしてくると、迷いがなくなり本当に毎日スッキリ生きられるのだな、と感じています。

アタマを空っぽにして、静寂を大事に過ごします。
冊子の作業も、今一度静寂の中でトライしよう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム