プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

佛様でいる

佛様でいる

私たちは何かのきっかけで、“自分“を真剣に見つめざるをえなくなることがあります。でも、自分を見つめれば見つめるほど自分のケチな根性(エゴ)の根深さに気づき、どうしようもなくやるせない気持ちになります。

そのエゴを何とかしたいと、いろんな本を読んで考えたり、工夫をしたりするのですが、なかなか思うようにはなりません。結局は、もうこれ以上考えるのはやめようと思っているうちに、いつの間にか日常生活に埋没していく人が大部分です。でも、いつも心のどこかで引っかかっているので心から晴れ晴れすることはありません。

中には、それがどうにも気になり、その解決を宗教的信仰や修行に求める人もいます。でも、心からの安心に至る人はとても少ないようです。

このことについて、江戸時代に生きた盤珪禅師は次のように言われています。
「厳しい修行をして悟りを開いて佛になろうとするより、佛でいるほうが簡単で近道ですよ。」

この言葉を聞いて「ああ、そうなのか!」とスッキリ納得された方は本当に幸せです。でも、現代人は中々「そうか」とはなりにくいのではないでしょうか。僕なりに説明してみましょう。

 
ケチな根性(エゴ)は人間の生まれつきのものではありません。二元相対的に思考するアタマ(大脳)によって、この世界をバラバラな存在が集まってできた世界だと認識するバラバラ観による“身びいき”から生じるのです。

多くの人はアタマ、あるいは、アタマで考えることが自分だと思い込んでいるために、ケチな根性を何とかなくしたり、出てこないようにいろいろ工夫したり努力をします。でも、アタマを頼りにしているために、思うようにはならないのです。それは自分の坐っている座布団を持ち上げようとするようなものです。

でも、自分の本体はアタマでも体でもありません。その奥にあるハタラキ・真心です。“いのち“が創り出したこの世界は、本来、調和の世界です。それは大宇宙の星々や大自然の循環・調和の有様を観察すれば、誰にもすぐに分かる真実だと思います。

真心は“いのち“が創り出したこの世界の本質であり、この宇宙に充満しているハタラキです。しかし、ハタラキの結果は五感で捉えることはできても、そのハタラキの本体は五感では捉えることはできません。

そこで、それを仏教では”空“とか、”仏性“などと呼び、盤珪禅師は”不生の佛心“と呼ばれ、僕はそれを阿弥陀如来の心、あるいは、真心と呼んでいます。

その真心こそが自分の本体なのであり、僕はいつもそれを意識して生きるようにしています。

それを趙州禅師流に言えば、
平常心が道である。

盤珪禅師流に言えば、
短気や迷い(エゴ)は生まれつきのものではない。
我が身の身びいきが迷い(エゴ)を生み出す。
佛心の尊さを知れば、迷いたくとも迷われない。
迷いが無いのが悟りであり、佛でいるということ。
不生の仏心が本当の自分であることに決定する。

僕流に言えば、
アタマの錯覚による“自分“がなければ、人に何を言われても傷つかない。
怒りは道徳の問題ではない。怒りが出てこないのが本来の姿だ。


佛様でいる。これが “エゴフリー”で生きる秘訣です。




<< カユナールとネホサ | ホーム | 佛様になる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム