プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

バトンタッチ

バトンタッチ

毎年お盆を迎えるたびに、いつも、両親や兄弟をはじめご先祖様、そして、これまでお世話になった方々など、すでに亡くなった方々からバトンタッチされているという感覚が何回となく浮かんできます。そして、そのたびに「頑張るぞ」という思いが心から湧いてきます。

何をバトンタッチされたというのか?と思われるかもしれませんね。それを言うと誇大妄想狂だと思われるかもしれないので、これまで自分から人にそれを言うのは控えてきました。

でも、今年はなぜか分かってもらえそうな人には言ってもよいのではないかと思ったので、このブログに書くことにしました。読まれた人のなかには「独りよがりの思い付きを書いて、まったくいい気なものだ」と思う人もいるでしょうが、僕の正直な気持ちなので、そう思われても気にしないことにします。

さて、亡くなった方々から何をバトンタッチされていると感じるのかと言えば、「動植物を含め全人類が本当に幸福で平和になるように全力を尽くしてほしい」という願いです。

もちろん、亡くなった方々の多くは生存中にそんな意識を持ったことはないでしょう。でも、そうであったとしても、それはアタマのハタラキに支配された表面の意識がそうであったというだけで、その方々の内なる本心(真心)は間違いなく、動植物を含め全人類が本当に幸福で平和になることを切望していたに、いや、今でも切望していらっしゃるに違いない。その切なる願いを僕だけでなく、すべての人はバトンタッチされて託されているのだと僕は確信しています。

実は、この感覚はお盆にかぎらず、常時僕にはあるのです。ですから、誤解されるかもしれませんが、亡くなった身内や親しい方々の墓参りとか命日などには僕はあまり関心がありません。そんなことばかりやっても、その本人の生き方がいい加減であれば、それは単なる気休めや形式的で後ろ向きなものでしかなく、本当の供養にもならないでしょう。また、どんなに心がこもっていてもペイ・バックでは不充分なのです。

もっとも大切なことは、後に残った私たちが、本当の生き方をする、つまり、すべての存在が本当に幸せで平和に生きることができる世の中を創るために全力で生きていくことです。それが亡くなった方々の本当の願いであり、それをバトンタッチされ託された私たちがその願いに沿って生きることこそが本当の供養なのです。

そして、このように感じながら生きてきて思うことは、“亡くなった“方々は本当は亡くなってはいないという感覚がすることです。

それは、すべての存在は不生不滅の“いのち“の顕われであるという意味でもありますが、実感としては、それらの“亡くなった“方々が今でもしっかりとこの自分のなかに生きていらっしゃるという感じがいつもしているからです。

もちろん、それらの“亡くなった“方々はこの自分のなかだけに生きていらっしゃるということではないでしょう。でも、自分の中にその実在を感じられるのは何とも幸せな気持ちになります。

このように、ペイ・フォワード・ピースは必ずしも、現在生きている姿が見える人たちだけの間で行われるものではないと僕はいつも感じています。




<< 再掲 真心丸出しの国へ | ホーム | カユナールとネホサ >>


コメント

亡くなった方は確実に胸の中で生きていることを感じます。とても心強い仲間が、いることに気がつきました。

8月は、ことさら戦争と平和に思いをはせます。戦争を知らないものには、残してくれた役割があると。誰もが、幸せで平和でありたいと願う当たり前のことを、そうでなかったら、そうであるように当たり前に創っていくこと。バトンをしっかり受け、今は亡き多くの方々と共に、いのちを引き継いで生きたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム