プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

再掲 真心丸出しの国へ

再掲 真心丸出しの国へ

世界平和の実現なんて、難しい?本当にそうでしょうか?

もし、次のメッセージを、一週間で確実に重複しないように、二人以上の人に伝えていければ・・・、計算上、早ければ、34週間以内で世界中の大人の大多数が平和を願い、行動する人となり、この世界に平和が実現するのです。

メッセージは次のとおりです。

国のエゴイズムを超えて、真心まるだしの国へ。
国に理想をかかげよう!

平和のことについて考えるとき、いろいろな議論や思うところがあります。
9条を守ろう。いや、そうでなくて、一応軍隊も必要でしょ。
いやよくわからないけど、毎日とりあえず楽しければいいよ。などなど?

それはさておき、
国に理想をかかげるというのはどうでしょう。
どんな理想かというと、とても素敵なものです。
日本が本当に他の全ての国から尊敬されるような、国際平和国家になる、という理想です。
日本が真心まるだしでで、困っている国に人的援助やあらゆる援助を惜しみなく、する。災害があれば、率先して救助や援助に全力で出向く。

こんな国に本当になったら、本当に素敵です。
日本は世界的にも今でもとても影響力はありますから、もしこんな素敵な国になったら、「いいねぇ、私の国もそうなって欲しい!」「こういう国のあり方があるのか!」とどんどん広まって、個人個人の力を超えて、あっという間に世界平和は実現します。

日本は戦争により、広島長崎にも原爆が落ち、たくさんの方々が亡くなりました。東日本大震災を始め、たくさんの災害を体験し、それによってもたくさんの方々を亡くして来ました。
だからこそ、できます。

そんな国になったら、亡くなった方も天国で拍手して喜ぶのではないでしょうか。
そうすれば、どこの国が攻めてきますか?仮に万が一攻めて来ても、その他大勢の国は日本の味方です。味方がどうにか戦ってくれるということではなく、多くの国がそれを許さないことは目に見えて明らかなため、そもそも攻めることは考えられないです。なんの心配はいりません。日本の輝きは変わりません。

こんな国になったら、心から日本っていいなぁ、と思います。
どこからともなく、力が湧きおこる感じがします。

一人一人が理想に向かって輝いて、さらに日本人お得意の団結力も合わされば、なんでも乗り越えられてしまいそうな気さえしませんか。

さあ一緒に国に理想をかかげましょう!



今年の初めに「ペイ・フォワード・ピース」に向けて、「新春スぺシャルクイズ」に応募していただくようにみなさんに呼びかけましたところ、コメント欄にあるように様々な文章が寄せられました。

いずれも気持ちがこもったものでしたが、現時点までで僕がもっともよいと思ったのが上の文章です。

もちろん、さらに改良の余地があると思いますが、簡潔、素直な文章で、何よりメッセージの内容が明快であり、それが心ある人々の気持ちにストレートに訴えるものがあると思います。

どうか、みなさんもこのような感覚に沿って、もう一度挑戦していただきたいと思います。そうすればだけば、きっと「これだ!」という素晴らしいものが生まれるのではないかと思うのです。

平和は自分たちで創るものなのです。




<< ペイ・フォワード・ネホサ | ホーム | バトンタッチ >>


コメント

この理想を胸に、今までと何も変わらない日常を過ごす。この理想を伝えたい人に伝えるだけ。そうしているうちに、この理想が広がり日常が変わり始めていく。生活が楽しくなり、みんなと心をわかちあって生きる日常に変化していく。

胸にこのを掲げただけなのに!少しの人に教えてあげただけなのに!超簡単に世界の平和が実現する。

ワンダフル!

バシッと4章。みんなでバシッと!

この文章を読むと世界平和の実現は本当は簡単なんだなぁと思います。
素直になれば誰にでもわかることですね。
日本がそんな国になったらどんなに素晴らしいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム