プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

ペイ・フォワード・ネホサ

ペイ・フォワード・ネホサ

アメリカ映画『ペイ・フォワード』は「ひとりの少年のアイディアが世界を変える」という映画です。

映画のストーリーの概要は以下の通りです。

11歳の少年トレバーは、社会科の授業中、担任のシモネット先生から「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問い掛けられる。

悩んだ末にトレバーはあるアイディアを思いつく。それは“ペイ・フォワード”。他人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人へと贈っていく・・・・という奇想天外なアイディアだった。

やがて、少年の考えたユニークなアイディアが広がり、こころに傷を負った大人たちの心を癒していく・・・・。
(DVD『ペイ・フォワード』の説明書きより)

英語の“ペイ・バック”、pay backとは「厚意を受けた人にお礼をすること」という意味ですが、“ペイ・フォワード”、pay forward とは「ある人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人に何らかの形で厚意を贈ること」という意味です。

ペイ・バックの場合には、二人の間だけで厚意のやり取りとお返しがあるだけでそれ以上の広がりはありませんが、ペイ・フォワードの場合には、一つの厚意は、AさんからBさん、BさんからCさん、CさんからDさん、・・・・とどこまでも伝わり広がっていきます。

この“ペイ・フォワード”というアイディアの斬新さに感動して、僕にも “ペイ・フォワード・ピース”、pay forward peaceというアイディアが閃きました。

その内容は「一人の人から受けた “平和のメッセージ”を確実にこのメッセージをまだ受け取っていない二人以上の人に伝えていく」ということです。

たとえば、一人の人が平和のメッセージを1週間で確実に重複しないように二人以上の人に伝えていけば、1,2,4,8,・・・と、計算上は、34週間以内に世界中の大人の大多数が“平和の人”となり、この世界に平和が実現できるのです。

もちろん、どうしても、戦争をしたいという人もいるでしょうが、世界中で平和の人が圧倒的な多数を占めるようになる可能性は充分にあります。そうなれば、もはや、戦争は起こらなくなるはずです。

“ペイ・フォワード・ピース”は1か月に二人以上であれば、34か月以内ということになります。いずれにしても、そんなに期間はかからないでしょう。

“ペイ・フォワード・ピース”のポイントは、どうすれば、その話を聞いた人が確実にその気になり、それを確実に二人以上の人に伝えるかということです。それは、ただ、ただ、“平和のメッセージ”の内容一つに掛かっています。

だから、単純に「世界平和を実現しましょう」「平和を祈りましょう」などと言ってもだめです。

それは、誰でも「なるほどなあ。この考え方とやり方だったら、簡単に、しかも、必ず世界平和が実現できるだろう。私もこの考え方を必ず二人以上の人に伝えよう」と思ってしまうものでなければなりません。

それに最もふさわしいのが「みんなで日本に脱エゴイズム国家という理想を掲げよう」というネホサの考え方だと思います。

そして、その願いをまず自分の心に確認し、それを次の人に伝えていこうというのが
“ペイ・フォワード・ネホサ”、Pay Forward NEHOSA、すなわち、PFN なのです。



<< 生物としてのエゴイズム | ホーム | 再掲 真心丸出しの国へ >>


コメント

「ペイ・フォワード・ネホサ」がうまくいくかどうかは小冊子の出来にかかっていますね。こんな素晴らしいことに自分が関われるなんて驚きです。普通の人が楽しみながらやっていけるなんて本当にすごいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム