プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

天動説と地動説 その3

天動説と地動説 その3
(その2からのつづき)

スモーカーはタバコは健康にとても悪いなどの副作用(デメリット)はあるとしても、タバコを吸うとストレスを解消でき落ち着くとか、集中力や自信が出るとか、タバコは喜びであるなど、タバコにはタバコでしか得られないメリット(良さ)があると思い込んでいます。だからこそタバコを吸うのです。

では、ノンスモーカーはタバコについてどう思っているのでしょうか?
自分はタバコを吸いたいとは思わないし、タバコを吸うのは損だと思うばかりで、タバコなんて自分には関係ないと、それ以上タバコのことについて深く考えようともしない人が多いようです。

しかし、ノンスモーカーに「スモーカーはタバコにデメリットがあるのにもかかわらず、なぜタバコを吸うのだと思いますか」と重ねて訊くと、「タバコにデメリットはあっても、やはりタバコにはタバコならではのメリット(良さ)があるのだろう。そうでなきゃあ、タバコなんて吸わないもんね」という答えが返ってきます。

このように、スモーカーはもちろん、ノンスモーカーの多くもタバコのデメリットは認めながらも、タバコにはタバコならでは得られないメリット(良さ)があるのだと“実感“、あるいは、あるのだろうと思っています。

でも、タバコにはメリットは全くないことは科学的に実証されています。
スモーカーはタバコを吸うとリラックスできると感じていますが、それは1本前に吸ったタバコ自身が作り出したストレスや渇望感というイヤな気持ちがタバコを吸って一時的に解消されたというだけなのです。しかも、そのタバコによって新たにストレスや渇望感というイヤな気持ちが引き起こされるのです。

集中力や自信が出るとか、タバコは喜びであるというのも、そのイヤな気持ちで落ち込んでいたのが一時的に解消された感覚をそのように錯覚しているというだけのことです。つまり、タバコには大きなデメリットはあっても、メリットはまったくないのです。これが科学的な真実です。

これはお酒(アルコール)についてもまったく同じです。ドリンカーはもちろん、ノンドリンカーもお酒にはデメリットはあるけれども、お酒ならではのメリットがあると信じ込んだり、思っています。つまり、飲みすぎには気をつけなければいけないが、お酒はいいものだとほとんどの大人が思っているのです。

これは、現代においてもほとんどの人がいまだ天動説を真実だと信じ込んでいるようなものです。

タバコやお酒は氷山の一角にすぎません。火星に人間送り込む日も近いとさえ言われるほど科学技術が発達した現代社会においても、私たちは実に多くの錯覚の中で生きているのです。

人類は戦争を繰り返し、飽くことなく利益を求めて競争し、便利・快適・豊かさを求め、その結果、自分たちの生存に不可欠な空気や水や食物そして大自然を汚染するという愚行を繰り返し、多くの動植物を道連れに自滅にひたすら向かっています。

人間のあらゆる問題の元凶はバラバラ観を存在の真実だと錯覚していることにあります。

バラバラ観こそ現代の天動説です。

私たちは今こそ正気に戻らなくてはならないのです。


(つづく)






<< 天動説と地動説 その4 | ホーム | 天動説と地動説 その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム