プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

天動説と地動説 その5

天動説と地動説 その5
(その4からのつづき)

ここにタバコやお酒について二つの説があります。
一つは「タバコやお酒は嗜好品である」という嗜好品説です。
もう一つは「タバコやお酒は強力な麻薬である」という麻薬説です。

これはまさに現代の天動説と地動説です。
では、そのどちらが正しいでしょうか? もうはっきりとわかりますね。

21世紀の社会に生きる私たちのほとんどは依然としてこの現代の天動説を信じ込んでいます。そのために、毎年世界中で600万人以上の人々が苦しみながら死んでいます。

現代の天動説と地動説は他にいくつもあります。最も重要なものが存在の真実についての二つの説です。
一つは「この世界のすべての存在はもともとバラバラなものである」というバラバラ説です。
もう一つは「この世界のすべての存在はもともと一つのものである」という不可分一体説です。

では、そのどちらが正しいでしょうか? もうはっきりとわかりますね。
でも、21世紀の社会に生きる私たちのほとんどは依然として現代の天動説(バラバラ説)を信じ込んでいます。

人々は農耕時代の始まり頃から現代にいたるまでこの天動説(バラバラ説)を信じ込み、「自分たちの集団が一番大切だ」という集団エゴイズムのために集団同士で戦いを繰り返してきました。その挙句、このままでは核兵器で人類はみんな滅びるかもしれないとさえ言われています。

また、集団エゴイズムはとくに先進国において、個人や企業などの在り方にも影響を与え、ほとんどの現代人は「何より自分と自分の家族が大切だ」という個人エゴイズムによって便利・快適・豊かな生活をどこまでも求め、また、企業は「自分たちの企業が一番大切だ」という企業エゴイズムを当然のこととして、企業は儲け主義に走り、お互いに熾烈な生存競争に明け暮れています。それらの結果、途上国の人々を苦しめ、地球環境を破壊し続けています。

このような状況がなぜ生じるのか? 現代社会においてもいろいろな点について、存在の真実や科学的な真実(地動説)でなく天動説を正しいと信じ込んで疑わないということが原因なのです。

では、なぜ多くの人は天動説を真実であると信じ込むのでしょうか?
簡単に言えば、周りの人が、みんながそう言っているからといういい加減な根拠で、自分もそう思う、それが正しいと思うからです。
この傾向はとくに日本人に多いと言えるかもしれませんが、世界中の人が同じような傾向を持っています。

では、みんなそれが正しいと言っているからと言って、それは絶対に正しいと言えますか? 言えませんね。

では、それは自分の実感だから、それは絶対に正しいと言えますか? 言えませんね。
タバコやお酒のように騙されているかもしれないし、錯覚ということもあります。

いずれにしても、一人一人のこのようなあやふやな生きる態度が現代の深刻な個人的、社会的問題を引き起こし、その解決を不可能にしているのです。

だからこそ、まず、「自分とはなにか? この世界とはなにか?」という存在の真実を自覚することが何よりも大切なのです。

だからこそ、すべての人に自覚(いのち)とペイ・フォワード・ネホサが必須なのです。


(おわり)





<< 無事の人 | ホーム | 天動説と地動説 その4 >>


コメント

先日のセミナーでのお話をまとめて頂きありがとうございます。
 
 バラバラ説vs不可分一体説を天動説vs地動説と対比させることで頭の中が整理されました。
 「スモーカーにとってのタバコ、ドリンカーにとってのお酒は砂漠の中で見つけた泉のようなもの」というお話はとても衝撃的です。本当に気の毒だなと切なくなります。

 思い込み・錯覚に気付き真実を知ることがネホサ。知ってしまったからにはこの真実を伝えないわけにはいきません。伝えたい、広めたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム