プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

無事の人 その2

無事の人 その2

中やすみのあとでは、為さん(按摩さん)はあまりしゃべらなかった。宇多(主人公)も、もんでもらっているあいだに、うつらうつらして、口をきくのもものうくなってきた。そのうち、おなかの上に電気をかけられたような、気もちのいい振動が伝わってきた。それはヴァイブレーターをかけた時の感じと、よく似ているが、それよりも、もっと“しん”のほうに、しみ通るものだった。

「いい気もちだね、それ、なんというやり方?」
天国の温泉にでもつかっているような、甘い夢ごこちの中から、宇多はほのかにくちびるを動かした。
しかし、なんの答えもなかった。
彼は重ねて問い返さなかった。・・・・彼はそのいい気もちの中で、いつのまにか、すやすやと眠ってしまった。

翌日もまた、退屈しのぎに為さんを呼んだ。・・・・・
「きのう、療治の終わりのころ、おなかに電気をかけられたような、いい気もちがしてきたが、あれは、なんという療治なの?」

「あれですか。ありゃあ『シンセン法』とか、なんとか言いますんで。―――へえ? そいつは、わっちにゃわかりませんね、どんな字を書くのか。・・・・・なあに、ありゃあ、指のさきと手のひらでやりますんで。あんまのこってすから、別に種も、しかけもあるわけじゃあござんせん。よく、病気の時に、手あてをするって言いますね。つまり、その『手あて』なんで。今じゃあ『手あて』っていうと、薬を飲ませることとか、看護をすることのように言われてますが、もとの起こりは、病人のからだに手をあてて、病気を直したからだって話ですね。それで直りゃあ、手あてがよかったってわけでしょう。『シンセン法』だって、なあに、昔の『手あて』なんですよ。」

「しかし、手あてと言ったって、ただ手をあてていりゃ、いいというわけのもんでもないだろう。」

「へえ、そりゃそうですとも。ただ手をあてたって、指のさきをふるわせたって、そんなこって、きくもんじゃあござんせん。これにはやっぱり“こつ”がございます。・・・・・
あれをやっている時は、まあ、大げさに言やあ、無念無想とでも言うんでげしょうか。わっちもねえ、お客さんもねえ、そんなこたあ通り越しちゃって、いわば天地と一枚になるってところにいかなくっちゃあ、いけねえんでさあ。そこらで『シンセン法』って言ってるなあ、てえげえ指のさきをふるわせてるようですが、ふるわせるなんて、たくらみでがすよ。」

「そうすると、ふるわせるのじゃなくて、ひとりでに指さきがふるえてくる。そのふるえが、自然にお客のからだに伝わる。そういうわけだね。」

「そうですね。まあ、そういった寸法でげしょうが、こっちは、そんなこたあ、なんにも知らねえ。自分のからだのふるえるのも、指先のふるえるのも知らねえ。その知らねえあいだに、なんかがお客さんのからだに伝わる。――いや、そうじゃあねえ。そんなことも、何もかも、いっさいがっさい、わからねえ。わっちというものがなくなっちゃって、ただじねんのお計らいに任せる。それが手あての一番“かなめ”なとこでござんしょうね。・・・・・」
(『無事の人』山本有三著 新潮文庫 より抜粋)

“無事の人” いいですねえ。





<< 本音か建前か | ホーム | 具島先生の奥様 >>


コメント

りんとした構えの為さん

無念無想
いわば天地と一枚になるってところに…

為さん、ありがとうございます。
目が見える以上に刃ものを研ぐ、りんとした構えの為さん。
図書館で借りた「無事の人」を先ほどから読み始め、冒頭からトリハダがたっています。

無事の人、いいですね。

いいですね その2

 絶妙なタイミングで、無事の人 その2を読みました。
前回のコメントに登場したAさんが、Bさんに回復の感動を伝えた数日後、Bさんのご主人が、交通事故にあったとのこと。幸いに顎の骨折ですみましたが、観てほしいと言われるままに手当に通いました。なにしろ6人のお父さんで大工さんですから、気になりました。もちろん、何の資格もないことを断ってのことです。
Aさんから話を聞いていたようで、ご主人もとても素直に受け入れてくださいましたので、ただただ手を当て続けました。後半はほとんど眠っておられましたが、頸椎4の手当の後、「浮いていた歯が治まりました」と、尖った小石のような腰椎3でしたが、手当の後に「えっ、なくなりました」と。「それは良かったですね、感覚が良いんですね、私は治ることの邪魔をしないだけですから」
 その夜、ブログを拝見しました。りんとした構えの為さんのように無念無想の域には達していないまでも、そして小説とはいえ、えらく共感できました。
 手当には、Bさんと6年生のお嬢さんにも入ってもらいました。何も知らないその手が、お父さんに声をかけたのでしょうか。
終わった後は、皆さん満面の笑顔でした。
 今までずっと、私たちは先生方からたくさんの愉気をうけてきました。伝えていくのは私たちの番であり、手当は、世界中の人々の心をとかし、心身を整えることでしょう。平和への架け橋だと思います。

手当て、とても温かいです。
人間誰しもが心の中で求める、温かさがあると思います。
医者の前に、まず手当て、となるような人が多くなってくると、世の中変わる気がします。

人は、便利快適と引き換えに、野性、手当ての心を失いつつあるのだなと思いました。
いのちのはたらき、健康の自然法、これからの時代に最も必要だなと感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム