プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

二度とブレないために

二度とブレないために

かつて盤珪禅師は「親が生みつけたものは不生の仏心一つである。不生にて一切が整う。これをよく決定(けつじょう)して、二度と迷わぬように、平生仏心でいるようにしなさい」と言われました。

広辞苑によると、「決定(けってい)」とは次のようになっています。
A:「はっきり決めること」
B:「はっきり決まること」

けれども、盤珪禅師の「決定(けつじょう)」という言葉には辞書が定義している意味よりもずっと深い意味があるのです。

盤珪禅師の「決定」にもAとBの意味があるわけですが、Bの「はっきり決まること」というのは、「たまたま状況的にそうなっている」という意味ではなく、「存在の真実はそうなっている」ということであり、「それは動かしようがない普遍の真実である」という意味です。

ですから、盤珪禅師の「決定」というのは、「そうしたほうがよいと思うから、自分でそのように決める」という自分のアタマによる「判断と決定」ではなく、(B)「動かしようがない普遍の真実」をはっきりと認識したうえで、(A)あらためて自分の意思で「はっきりとそのように決める」ということです。

つまり、盤珪禅師の決定は、状況や条件やアタマの思いや気分や感覚などによって変わることのない存在の真実に立脚した、「行き着くところに行き着いた完全な生き方」であり、どんなことがあっても動かしようもなく、また、絶対にブレようもないのです。

わかりやすくタバコを例に説明しましょう。
あるスモーカーが喫煙はデメリットばかりでメリットはひとつもないというタバコの正体に気づきました。
その結果、もはやタバコを吸う必要はないと思い、また、吸いたい気持ちもなくなったので、タバコをやめました。(でも、ガマンの禁煙ではありません。)
こうして、しばらくは快適に過ごしていたのですが、ある時ふとタバコを吸いたいような感じがしてきたので、迷った挙句1本だけと思って吸ったら、次々に吸いたくなり、いつの間にかもとの本数に戻ってしまいました。(アレンカーの本にはこんな事例がかなり出てきます。)

再喫煙をなくすためには、(A)タバコの正体(真実)にはっきり気づいて、(B)タバコをきっぱりやめれば、その時点で「タバコ問題はすでに最終的かつ完全に解決し、再び本来のタバコのない生き方が始まっている」という事実をはっきりと認識することです。

ですから、タバコの正体に気づいてタバコをやめた後は、どんな思いや気分などが現れても、「タバコにメリットがあると思って吸っていた時の思い出がまだ残っているんだなあ」と思うだけで、それ以上一切相手にしなければよいのです。そうすれば、そんな実態のない思いや気分はいつの間にか消えてしまいます。

このように、存在の真実がわかったつもりなのにブレてしまうことの根本原因は、タバコ図で言えば、左側の存在の真実と右側のアタマの思いや気分をアタマで同列にごっちゃにして考えるところにあるのです。

決定(けつじょう)とはアタマで強く思い込むことではありません。存在の真実を確かめて、そのうえで、存在の真実をそのまま生きるしかないのだとはっきり認識して生きていくということです。





<< ユキ | ホーム | 本音か建前か >>


コメント

ごちゃごちゃ汚してすみませんでした。
二度とブレません。

先日のコメント、簡略化しすぎて独りよがりのものになってしまいました。悪い癖です。すみません。

真実がはっきりわかったにもかかわらず、それで安心して日常の生活に戻り、また様々な喜怒哀楽の感情に影響を受けて、いつの間にか引きずられ、真実のそれしかない世界を、また妄想でごちゃごちゃと汚す事を、懲りずに繰り返していました。

油断せずに心掛け、心掛け、真実の世界を自分の中でもはっきりと当たり前のものにして行きます。

そして二度とブレません。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム