プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

いのちのつぶやき その2

いのちのつぶやき その2

この社会自体が依存症社会だ。
何に依存しているのか? 世間一般、周りの人たちの考え方だ。
逆に言えば、自分の考えがないということ。
でも、自分の考えであれば何でもよいということではない。
本当の自分の考えというのは存在の真実がわかるということだ。

世間の多くの人はほとんど文明の方向、つまり、バラバラ観自体が間違っていることには気がついていない。

俺の世界は俺の周囲を廻る
俺は此処にいる
動かない (野口晴哉)

俺の猫たちは俺の周囲を廻る
俺は此処にいる
動かない 
が、眼が廻る (昇平)

左の世界                     右の世界
1=1分の1=2分の2=・・・70億分の70億  70億分の1=宇宙分の1
自分は宇宙の中心                 自分は宇宙の端っこにいる
自分の周りで宇宙が廻る              自分は宇宙の端をクルクル回る

タバコを止めるのは易しい。難しいと思うのは方法が間違っているからだ。
ほとんどの人がガマンの禁煙しかないと思い込んでいる。だから何回やってもできない。 それでタバコは止めるのは難しいと思う。みんながそう言うからますます難しいと思う。
スモーカーが喫煙という行為をノンスモーカーの眼で見てみれば、簡単にタバコを止められるのだが・・・
自分が間違っていることに気づくのは自分の体臭に気づきにくいのと同じである。どうしたら気づくことができるか? それが自覚のセミナーだ。

世界平和の実現は易しい。難しいと思うのは方法が間違っているからだ。
正しい方法でやれば世界平和の実現は易しいはずだ。


ネホサのポイントは伝えられて賛同した人が必ず2人以上の人に絶対に伝えること。それが本当に賛同したということ。

自分は大いなる“いのち“であり、その意識点である。

怒りは暴力。自分が正しいという思い込み。だから、相手を叩き潰そうとする。あるいは、 罰しようとする。
怒りはバラバラ観の極致だ。

まあ、いいじゃないか。人間だもの。これが不味い。
自分には寛容。人に対しては?
 
重要な問題については、よく考えてきちんと決める。そして、決断したことを疑わない。
例外なし。

肉親の死は悲しいか? バラバラ社会では他に頼る人が他にいないので悲しいと思う。
アマゾン奥地などの一体生活の集落では人々は必ずしも肉親の死を悲しいとは思わない。

死はバラバラ観の社会にしかない。本来の自然と人間が一体の世界には死はない。
 
極楽はココにある      極楽は何処まで行ってもない
死はない          死に向かって生きる
楽しい           苦しい つまらない
楽             苦
真実            間違い 錯覚の世界
実相の世界         妄想の世界
左側の世界         右側の世界
タバコをやめることは易しい タバコをやめることは難しい。ガマンの禁煙
病なし           病ばっかり

未来を見るといろいろな道があるように思えるが、本当は1本の道しかない。
これは後を振り返ってみるという意味ではない。

この社会、この文明は全部間違っている。急速に間違った方向に進んでいる。でも、それに気がついている人は少ない。それはウツボカヅラの蜜を夢中で食べているハエと同じだ。自分たちがどのような文明、社会の中で生きているか、その行く末に何が待ち受けているかを知らないのだ。それは依存性薬物に依存している人が自分が何をしているかに気づかないのと同じだ。




<< いのちのつぶやき その3 | ホーム | ボクの積極的平和主義 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム