プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

 いのちのつぶやき その4

いのちのつぶやき その4

全部間違いだ 自分の考えだけではない すべての人が間違っている 

タバコ アルコール 麻薬だけではない その味はすべて後天的に覚えたもの
正しいもの 野口整体 福岡自然農法 

みんな間違っている 人の考え、自分の考え、世間の考え 全部 本当はどうか?
正体を見抜けば簡単

文明の方向自体が間違っている バラバラ観
この社会自体が依存症社会

みんなただ生きている
どこにも行かない

タバコを吸うーーーすぐ渇望感が解消ーーーしばらくして渇望感が生じるーーータバコを吸う・・・・
ただずっと循環しているだけ 依存症の正体 世間の人の生き方も同じ

生命の樹形図・系統樹・生命の樹  生物の進化や枝分かれの道筋を樹木の枝別れのように表現したもの
例えば、1本の木が立っていて、幹から大きな枝が何本も出ており、それぞれの大枝からさらに小枝が何本もでており、そのうちの1本の小枝から6枚の葉っぱ出ているとする。

もし、それぞれの葉っぱに超高性能の視覚装置とコンピュータが付いていて、それが「私たち6枚の葉っぱは一つ家族であり、そして、この大枝の小枝から出ている葉っぱたちは親戚であり、この木のすべての葉っぱはすべて同じ葉っぱという種族には属しているけれども、他の枝の葉っぱたちとは別々のものであって、関係のない間柄である、と考えているとしたらどうだろう?
何かおかしくないか?

悟りは実践的に生きてこそ意味がある
すべてはただ、起きている なぜということはない

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。
(川の流れは途絶えることはなく、(しかもそこを流れる水は)もとの水ではない。川のよどみに浮かんでいる水の泡は、一方では消え、一方ではまたできたりと、もとのままの状態で長くとどまっている例はない。この世に生きている人とその人たちが住む家も、また同じである。)(方丈記:日本を代表する随筆の一つ。小さな草庵に隠棲した鴨長明が記した。)

自然界では一つの死が別のいのちの糧となる
繰り返される生と死のいのちの輪こそ永遠のいのちを生み出す源となる

宇宙が一つの生き物
この大宇宙には自己調整力がはたらいている

生も“いのち”死も“いのち”
悟ったからと言って何か別のものになるわけではない

不可分一体の真実を悟り、そのうえで自然(宇宙)の法則に沿って生きる
存在の真実を悟り、真実の生き方をする

本来、発酵と腐敗は同じものだが、
人間にとって好ましい結果を生むものを発酵、
そうでないものを腐敗と呼んで区別しているだけ

しかし、どうすれば好ましい結果になるのか?そこには人類にとっていのちをかけた試行錯誤があったはずだ。
そのように、成功も失敗も人類の叡智となりうる。

歴史というのは、ある日突然現れた一人の偉人が築くものではない。

太古の昔から試行錯誤を重ねながら一歩一歩いのちをつないできた人間たちによる営み、それこそが人間の歴史である。

「自分」という感覚は幻のようなもので、この世のすべては繋がりあっていて、無関係なものなどひとつも無い

戦争は右腕で左腕を叩くようなもの






<< 徒然の思い(再掲) | ホーム | いのちのつぶやき その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム