プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

なぜ人間は自ら苦しむのか?

なぜ人間は自ら苦しむのか?

らっきーさんから次のようなコメントが入っています。

「私は、自覚のセミナーを受けるまで、今の社会は一番進化した結果であって、そこで起きている問題(戦争・自然破壊など)は、人間が生きている限りしょうがないこと、と諦めていました。
進化の方向がおかしい、別の社会の形があるなんて、考えたことがありませんでした。
良しとされた行き着いた先が核兵器なんて…!明らかに、おかしいですね。」

これこそまさに「人間という存在」に対する根本的な問いかけです。

「人間という存在に対する根本的な問いかけ」というよりむしろ「自分という存在に対する根本的な問いかけ」と捉えてみれば、その切実さはいっそう身にしみるのではないでしょうか?

個人的であれ社会的であれ、人間はなぜこのように苦しまなければならないのでしょうか?

人間なんてしょせんそんなものなのだ。だからそんなことを気にしないで、日々目の前の自分、あるいは、自分の家族の生活をできるだけ充実させて、あるいは、面白く可笑しく好きなように生きるしかないのだという方々も結構多いのではないかと思います。

もしかしたらそれが正解なのかもしれません。

でも、僕はそれは結局ただの問題放棄であり、その時々に一喜一憂しながら、この世をただ流されて生きているだけではないかと思うのです。

しかも、そのような生き方が自分自身だけのなかで完結しているのであれば何も問題はないでしょう。

でも、人間は自分だけで生きているのではありません。

ですから、当然、自分の生き方は自分以外の人の生き方に大きな影響を及ぼしています。

そして、その影響は巡り巡って自分、そして、自分の家族の生き方にも大きな影響をもたらします。

この世の中はそのようにできています。

この事実をはっきりと理解すれば、あらためて自分自身の生き方を真剣に問いなおしてみなければならないでしょう。

歴史を振り返ってみても、これまでこころある方々がこの疑問を解決しようとしてきました。

しかし、それはそのような方々だけの問題ではないはずです。いまここに生きている私たちひとり一人にとって切実な問題なのです。

とくに、原発その他いろいろな深刻な問題でこのように行き詰ってしまった、あるいは、このままでは本当に行き詰まりかねない現代社会に生きる私たちひとり一人に突きつけられている絶対にクリアーしなければならない課題なのだと思います。

僕は決して一種の終末論に取り付かれて「人類の行き詰まり」を強調しているのではありません。

それどころか、この「人類の行き詰まり」こそ私たちの輝かしい未来を開く門ではないかと考えているのです。

その門を開く鍵がラッキーさんの次のコメントにあるのだと思います。

「いのちの働きで、一個の受精卵から出来た頭が、どうして物事をバラバラに判断してしまうのでしょうか?どうして、一体のいのちから生まれたはずなのに、人間だけ、自然に反するような判断をしてしまうのでしょうか?」




←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ







<< なぜ人間は自ら苦しむのか?ー2 | ホーム | 大乗的自覚 >>


コメント

>それどころか、この「人類の行き詰まり」こそ私たちの輝かしい未来を開く門ではないかと考えているのです。

行き詰まりが未来を開く門?その鍵?自分で書いたコメントを読んでも、わかりません・・・。

ただ、東電福島第一原発4号機の、いつどうなるかわからない、現在進行形でとても危険な状態を教えていただいてから、今ここにいる、という事実をクリアに感じています。頭や思いや状況に飲み込まれても、「こうしていることは奇跡なんだ」と戻ります。

そして、この危険な状況は、知らないとか興味ないとか関係なく、場所によって多少被害の差はあるかもしれませんが、いまこうして生きている人たち、そして未来に生きる人たちすべてに関係しているのですよね。
そんなことの目の前、というか渦中にいて、私はどう生きていけばいいのだろうと考えます。(自覚のセミナーを受けたおかげで、悲観的・恐怖心はありません。)

一体のいのちから生まれた(いのちそのものの)人間が、自分(いのち)を滅ぼす働きしかしないのは、おかしい・・・。みんなで一緒に生きていく智恵が、絶対あるはず。

それは、誰かにしてもらう、とかいのちの世界は完璧だから自然に任せておけば勝手に良くなっていくとかじゃなくて、私たち生きている人みんなでなんとかするんだ!と気がつくこと、動くことが、人間の役割なのでしょうか?


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめ【なぜ人間は自ら苦しむ】

なぜ人間は自ら苦しむのか?らっきーさんから次のようなコメントが入っています。「私は、自覚のセミナー


 ホーム