プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

なぜ人間は自ら苦しむのか?ー2

なぜ人間は自ら苦しむのか?ー2

“いのち”の顕現である大自然や大宇宙の様子を観察していると、この世界はの本質とその姿は調和・共生であり、この世界は本来完璧であることが推測できます。

それにもかかわらず、なぜ完璧であると思われる“いのち”自体がなぜアタマを持った人間を生み出し、その人間が自ら苦しんでいるのでしょうか?

「なぜ」ということを「何のために」という問いに変えると、もしかしたら「こういうことではないか」と推測できるような感じがします。

人間はなにかで苦しみがあるとその苦しみを取り除きたいという根源的な欲求が生じます。

たとえば、頭が痛ければ、多くの人がその不快な感覚を取り除きたいと思い、頭痛薬を飲んだりします。

ところが、頭痛薬によって苦しみが取り除かれたように思えるかもしれませんが、体の感覚が敏感な人は、そのような表面的な療法では決して不快な感覚が根本的に取り除かれたわけではないことに気がつきます。

そこに気がつくと、何のために生じたのか? 頭痛というのは一体何なのだろうか? その根本原因は何なのだろう? というような疑問を抱くようになります。

つまり、最終的に、「本来、人間の体はどのようなものか?」という疑問にぶち当たります。

頭痛は私たちに本来、自分の体とは何なのか?という自覚を促す体の奥の奥から発せられる警告だと言えるのではないでしょうか?

そして、それを追求していくうちに、「人間の体というものはもともと健康に生きられるようにできている」という真実にたどり着くことができるのです。

その真実にはっきりたどり着き、体のハタラキそのものに任せるときに、体は自然に整って、いつのまにか頭痛の根本原因も消えてしまっています。

このような事実からも、人間のいろいろな苦しみもにも頭痛と同じような役割があるのだと推測できるのです。

つまり、逆説的ですが、人間のいろいろな苦しみは、本来人間とは、いや、自分とは何か?ということに気づかせるために生じているのではないかと僕は思うのです。

苦しみを対処療法的に取り除こうとしても、根源的な苦しみは消えることはありません。

それどころか、ますます苦しみと混乱の度合いは大きくなっていきます。

現代社会において、アタマのハタラキによって作り出された科学技術文明がこれほどまでに発達?してきたにもかかわらず、医療の問題はもちろん、個人的な苦しみ、そして社会の混乱はますますその度合いを増してきています。

たとえば、福島だけでなく、世界の原発問題は本当に深刻です。

これが人間に輝かしい幸福と平和をもたらすのではないかと期待されてきた科学技術文明の正体です。

僕は、このような苦しみや混乱、その結果による行き詰まりは、それを通して私たち人間、そして、自分自身の本来のあるべき姿に戻る、つまり、自覚を促す天の警告であるとしか思えないのです。

この自覚を通してしか私たちは真に幸福に生きることはできません。


←クリックで応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

<< なぜ人は自ら苦しむのか?-3 | ホーム | なぜ人間は自ら苦しむのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめ【なぜ人間は自ら苦しむ】

なぜ人間は自ら苦しむのか?ー2“いのち”の顕現である大自然や大宇宙の様子を観察していると、この世界


 ホーム