プロフィール

昇平

Author:昇平
「いのちの塾」へようこそ!

僕は普段は標高650メートルの山の中に家族と仲間そしてネコ10匹と一緒に生活しています。

そして、その合間に日本やヨーロッパの各地で「本当の自分は?」「本当の平和を実現するには?」などをテーマに講演をしたりセミナーを主宰しています。

このブログでは、僕が体験的に捉えた人生やこの世界の真実について書いていきます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

今滞在されている皆さんの数

現在の閲覧者数:

これまで訪問された皆さんの数

なぜ平和な世界を希求しないのか

なぜ平和な世界を希求しないのか

1967年3月6日未明に

人間は空を飛ぶことを夢見た
人間は水をくぐることを夢見た
レオナルド以前にも
それを空想した人があるかも知れない
レオナルド以後の多くの人々の夢は実現した

人間と人間が殺し合わない世界の実現は
空を飛ぶより
水をくぐるより
より切実な夢ではないか
人間の集団が他の集団から襲われることを
疑い恐れている あわれな姿
人間として人間を恐怖する姿
そんなことがあってよいものか
なぜ、それをなくすことを夢みないのか
人間が他の人間の上に爆弾を落とす
そんなことが
平気でできる人間がいてもいいものか

生きようと切な願いを持つ人々
その切な願いにかこまれて
生きようとする自分

自己を生かし 他を生かす
人間の悲願のすべては
そこにかかっているのではないか

エラスムスが夢み
カントが夢み
限りなく多くの人々が夢み
意識的にせよ 無意識的にせよ
すべての母親が心の底に願い夢みている
戦争なき世界がどうして実現できないのか


社会に正しさを豊かさを育てようとする社会
科学は何をしているのだろう
社会をよくし正しくしようとし
隣人愛人類愛を説き願うすべての教育者は
何をしているのだろう
戦争なき世界の実現は夢なのか
夢は実現できないというのか
空を飛び 水をくぐり 宇宙の果ての
月に星に旅しようとする夢は実現できても
人と人が殺し合わない世界の実現は
できないというのか

「人間の業の深さ」などといって良心をごまかし
何もせず 傍観していてよいものなのか
世界の科学者教育者
すべての人々が手をつなぎ
力を合わせる時が来ているのではないか
日本の科学者は
なぜアメリカの科学者によびかけないのか
なぜ世界の働くもの 科学者教育者は
団結しないのか
なぜすべての人々は
自分でできる平和の道をさがさないのか

(1967年 3月 小林 多津衛 70歳)


この文章は僕が敬愛する故小林多津衛先生が書かれたものです。

パソコンの整理をしていたら、さっき偶然この文章を発見しました。

僕も昨日からずっとまったく同じ趣旨のことをブログに書きたいと思っていました。

実に不思議です。


(なお、「なぜ平和な世界を希求しないのか」というタイトルは僕が仮に付けたものです。)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナーの感想  NNさん

自覚のセミナーの感想  NNさん

昇平先生のお話を聞き、ブログを読み、奈央先生のご指導で身体を整え、セミナーのお世話係を重ねることができて世間の洗脳から解放され完全に自由になりました。

ごくふつうの私が絶対に変わらない存在の真実を知ることができるなんて、先生方と出会わなかったらあり得ないことです。もし、整体に出会わず、自覚のセミナーを受けていなかったら、バラバラ感の世界でみじめでつまらない人生だったと想像します。

2年前の自覚のセミナーで、CCさんの深い気づきを目の当たりにして、鳥肌が立つほど感動し涙がでました。
自分の検べ方がいかに浅いものなのかに気が付き、猛烈に反省し、これからはごまかしなく、まっすぐ逃げずに検べていこうと決意しました。それでも去年は恵理佳先生に自分でも気が付いていない怒りについてアドバイスをもらいました。そして今年も自分のテーマがありました。

セッションで、参加者の様子をみていて、「私はこのテーマは知っているよ。聞いたことあるよ」と思いながらセミナーに参加するのはもったいないなと感じました。自分も分かったつもりになっていないか、一度検べたその先のもっと深いところを検べました。そしてみなさんが答えていた言葉や、戸惑い、引っかかっていることを検べました。

言葉の中に、あれ?と感じる自分自身はなんだろうと検べていくと、自覚を受ける前の自分はどうだったのか?少し先に分かり始めているというおごりはないか?人に寄り添っているのか?バラバラ感ではないのかと思いました。

世の中がどれほど間違っていて、息苦しく、不自由に生きている人が多いのかと感じ、自覚のセミナーの存在も知らない人が大多数で、私たちがいかに恵まれているかを有難いと思うと同時に広めていくことが先に知った人の役割だと思いました。

先生はみなさんの言葉を丁寧に聞いて、参加者自身で気が付けるように色々な角度からセッションを進めていきました。参加者が気が付いていき、表情がだんだん安心していく様子をみていると、先生の深い深い愛情を感じ、どこまであたたかくやさしいのだろうと思いました。先生がみえているみなさんの本当の姿はどれだけ輝いているのかだろう。わたしはどうだろう?みなさんの本来の輝きが見られているのだろうか。もともとみんな輝いているのに。

セミナーでは一人では気付けないことを、仲間がいることで気が付き、思いがけない言葉に響き合って、反応し合って、深まっていきました。誰一人かけても今回のセミナーにはならないことを実感し、「すべてよし」ということが身に染みました。

セミナーが終わって、自分のテーマを検べるため、静かな時間を過ごしました。
セミナーが終わって3日後、騒がしい地下鉄を歩いていると、まわりを歩く沢山の人や人工的な地面、天井、柱など目に見えるもの、見えないもの宇宙まで一体感を感じ、深い安心感に包まれて涙が出ました。

ああ、見ているようで見えていなかった~。毎日、見ているはずの景色、人、花、空、星、虫までキラキラ輝いていました。ずっとそうだったんだ。だけど新鮮で、美しいな、楽しいな~と嬉しくなりました。

不可分一体のいのちをいきているんだ!湧き上がった気持ちは消えません。
きっともっともっと深く無限なんだろうと想像しますが、今、私が感じたことは、それは、それで、ただ今を精一杯楽しく生きていこうと思います。

5年前は、主人が自覚のセミナーに参加することなど、夢にも思っていませんでした。先生方から学び、「無いってことは無い!」と心の底から思えて、彼のペースにも合わせて少しずつ準備をしてきました。

もし、勧めるのが私だけだったら、彼の参加はもっと時間が必要だったかもしません。奈央先生はじめ、ガイアで働く人や整体ライフスクールのみなさん、本当にたくさんの人に助けてもらい実現しました。こんなにありがたいことはないです。

こんな風に、みんなの真心が人と関わって広がって、実現していくことを体験すると、何に対してもお互いが助けになって巡っていく。ということが、本当はとても自然なことなのだと思い、楽しくなってきます。

言葉では表せないほど先生方にお世話になりました。過去も含め私はどれだけたくさんの人にお世話になったんだろうと思うと、今度は私が世の中に真心丸出しで恩返しをしていきます。そういう生き方をしていきます。


(昇平: 今回の「自覚のセミナーの感想」はこれで終わりです)





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナーの感想  MMさん

自覚のセミナーの感想  MMさん

先日は貴重な体験をありがとうございました。

4泊5日でしたが、とても長い時間を過ごしたような気がします。

心や言葉、考える力を引き出していただいて感謝の気持ちでいっぱいです。

いつでも安心して戻れる場所も見つけられました。

小さい頃からの生活環境と体験で感情も凝り固まってしまい、生きている感覚もなく、誤解されることも多く、ずっと自分を押し殺すように過ごしてきました。

整体に出会ってから、少しずつ不安を感じることは少なくなっていましたが、芯にある塊のようなものはずっと残ったままでした。

その塊が自覚のセミナーを受ける中でほぐれていき、胸いっぱいに息を吸い込めるようになりました。

親や祖母、近所の人達も本当は心のあたたかい純粋で素朴な人たちなのに、いろいろな事情で悲観的になり、批判や非難、怒ることでしか自分を発散、表現できなくなっていったのだと思えるようになりました。

里山の暮らしは大変なことも多いですが、見方を変えれば、こんなに恵まれている場所はないことに気づきます。山や川で虫や魚、動物と触れ合ったり、水や土、光や風、木々や葉っぱの揺れる音を身近に感じたり、朝や夜の凛とした空気、すべてに幸せを感じられます。

人に対しても、自分に対しても可能性を狭めるような考え方はもったいないということに気づきました。昇平先生、奈央先生、恵理佳先生のように、可能性を広げていけるような人間になりたいです。

人生の中でいろいろな事が起きますが、ありのままに受け入れて、前を向いて楽しい気持ちで進んで行きます。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。
                               
                                



←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナーの感想  LLさん

自覚のセミナーの感想  LLさん

まず、昇平先生、恵理佳先生、先日は5日間のセミナー本当にお世話になりました。

そして、自覚のセミナーをプレゼントしてくれた両親や、直接セミナーには出ていないけれどセミナーに想いを馳せてくださっていた奈央先生、お世話係の山田さん、準備に携わってくださった方々、そのほかにもはかり知れないほど多くの皆さんに支えられてこのセミナーを受けられたこと、本当に感謝しています。

セミナーは、昇平先生がひとつずつ問いを出し、その問いについてそれぞれがしらべ、答えを出すというものでした。

その中で、3日目のある問いが、私にとっては答えにたどり着くのが困難で、時間を要するものでした。しかし、なかなか答えが出ず燻っている私を、愛をもって見守ってくださる昇平先生をはじめとするみなさんのおかげで、本当にすっきりと答えが出ました。

私はその問いについての答えがわかった時の、あの、すうーっと腹におさまっていく感覚、確かに答えが腹の中に浮かび上がり、しっかりと据わった感覚を一生忘れません。忘れられません。思い出すだけで涙が出そうなくらい、感動的な体験でした。また、それと同時に、その場にいるすべての人たちが、窓から見える草花が、この世のすべてのものが、愛おしくてたまらなく感じました。

そして、その後のセミナーの中で、いのちはひとつながりで、”みんな一緒”である。みんながいるから私という存在が成り立ち、私という存在がいるからすべてのものが成り立っているのだという話を聞き、3日目のあの問いについてわかった時の、すべてが愛おしいというあの感覚は、”みんな一緒”であることを私の存在そのものが理解したから生じた感覚だったのだ、と思いました。

その愛おしいという感覚が私の中でとても明快で確かなものであっただけに、いのちはひとつである、”みんな一緒”である、という真実も、本当にはっきりと私の腹におさまっていきました。

今、セミナーを終え、普段の生活を送っていますが、本当に日々が愉快です。

セミナーを受ける前には苛立っていたことも、今はむしろ楽しめているくらいで、なんであんなにストレスに感じていたのかしら、と思います。

それだけでなく、日々の生活を送っているだけで、本当に愉快で楽しくて満ちています。

私がセミナーですべてが愛おしいと感じられたように、本来はすべてのものが愛おしい存在であるということを、すべての人が気づき、ひとつながりのいのちを大切にしていくことができるのが真の幸福であると思います。

この真の幸福を実現するために、セミナーを通して体得した真実に沿って生きます。そのスタートとして、この自覚のセミナーの体験を確かに自分の軸にしていきたいです。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

自覚のセミナーの感想  KKさん

自覚のセミナーの感想  KKさん

四泊五日の長丁場、「一生に一度」の機会と思って仕事の休みを取り、参加しました。

どんな内容かわからず不安もありましたが、整体で一緒になった方が数名いらして、もともと人見知りしない性格ですのでたのしく過ごさせていただきました。

あっという間の五日間、おわって新幹線に乗り、帰宅して。またまたあっという間に二週間が過ぎてしまいました。セミナーの内容を振り返るひまもなく・・・・。

あの時間をそのまま持ってこれたらよかったなあと思います。
あの時間はなんだったのか、ふりかえっても思い出せない。
日常にまぎれて、ふっとんでいってしまった・・・。

わかったこと、わからなかったこと、自分のこれからの課題です。

ひとつ言えるのは、子どもの頃の「ホールケーキ9等分」を思い出せてよかったです。

昇平先生があるテーマについてお話されていたときに、急に思い出して・・・母は平等にわけていたんですね。

うまく書けなくてすみません。いろんな地方からきたひとたちが、集っている、それぞれが意見を持ち、会話をすることで新たな気づきにつながる・・・。貴重な時間をすごさせていただきました。

いろんな方からの差し入れもありがたかったです。
お花の差し入れ、すてきでした。お茶やおかしも。わたし何も気づかなくて・・・なにか持ってくればよかったですね。新聞くらいしか、差し上げられすに。

セミナーの会場もすごくいい環境で、街中でくらしているわたしには新鮮でした。





←クリックで応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ